リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

意外と知らない帰国後のフェノロサをチェック!ーフェノロサの闇を知る⑥ー

今日も生きてます。

 

f:id:akashiaya:20200916085415j:plain

フェノロサ最終回です。

 

フェノロサ 「日本美術の恩人」の影の部分』(保坂清著、河出書房新社、1989年)を参考に、お雇い外国人としてのフェノロサが、日本の中での雇用を生き残るため、政府の意向を汲みながら日本美術称揚の活動を活発的に行っていたことを見てきました。

 

其の一

フェノロサの闇を覗く① - リアル絵描き日記

其の二

日本の美術品を海外流出させていた?ーフェノロサの闇を覗く②ー - リアル絵描き日記

其の三

法隆寺夢殿を無理矢理開帳させた?ーフェノロサの闇を覗く③ー - リアル絵描き日記

其の四

外国人雇用危機を乗り切れ!ーフェノロサの闇を覗く④ - リアル絵描き日記

其の五

フェノロサと政府の関係ーフェノロサの闇を覗く⑤ー - リアル絵描き日記

 

今日はあまり知られていないフェノロサが日本から去っていった後の活動をみていきます。

 

 

お雇い外国人がどんどん減っていく中、日本美術万歳作戦が成功し、なんとか明治19年に文部省に雇い替えになります。

明治20年には東京美術大学が設立されそこで雇用されます。

 

しかし、極端な国粋主義の風潮が落ち着いてきて、フェノロサに対する風当たりが変わってきます。

 

明治22年、設立された帝国博物館の理事の辞令にフェノロサの名前はありませんでした。そこでフェノロサボストン美術館に就職依頼をします。

 

明治23年フェノロサアメリカに帰国します。そしてボストン美術館の東洋部長になります。といってもボストン美術館にあるほとんどの日本の美術品はフェノロサが収集して売却したものです。

 

そこで妻リジーがいるにも関わらず、助手メアリと不倫スキャンダルを起こしてしまいます。そしてリジーと離婚しメアリと結婚。

 

莫大な慰謝料を抱えます。

 

それに加えボストン美術館との契約更新の約束のひとつであった浮世絵目録を完成させる条件を無視し、なんと浮世絵目録を美術館に無断で他社で出版します。

 

これにより無期限の休職処分を食らいます。

 

そしてあの頃をもう一度と思ったのかもしれません。

 

日本に向かいます。

 

就くことができたのは高校・中学の教師の職でした。 明治33年、教師の職も解任され、またアメリカに帰ります。

 

 

その後フェノロサは手元にまだ残っていた北斎屏風などの日本美術コレクションをフーリアに売却します。

 

その関係からか、フーリアの美術顧問として自分が売却した日本美術コレクションの整理をしていることが多かったようです。

 

そして、明治41年、ヨーロッパ旅行へ出かけるため帰国直前ロンドンで亡くなります。

55歳、狭心症が原因でした。

 

フェノロサの墓は日本の三井寺法明院にあります

 

f:id:akashiaya:20200923070957j:plain

 Fraxinus2 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18703571により引用

 

 

 

 

 

 

外国で日本美術の良さをばんばん宣伝してくれたのかなと思いきや、故郷でスキャンダルと問題を起こし休職処分を食らっていたとは…

 

純粋に日本美術万歳の人というわけではなく、日本の情勢を読んで活動した人間だったんですね。正直印象変わりました。

 

そしてフェノロサに興味ある人ももう少ないでしょうね。いつまで教科書に掲載されるのでしょうか。

 

美術作品って、純粋に表現の問題だけではなく、さまざまなその時の政治的な歴史の背景ってすごい影響があります。たぶん昔だけではなく、現代もそうなんだろうな~。そういうのは作品だけ見ても読めないので、難しいです。深読みできるように見識を深めていきたいです。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdofree.com

 

 

 

 

フェノロサと政府の関係ーフェノロサの闇を覗く⑤ー

今日も生きてます。

 

 

 f:id:akashiaya:20200916085415j:plain

フェノロサについてみてきました。

 

日本美術の恩人と教科書等で称賛されている人を、少し意地悪な目線で取り上げてきました。(ゴメンナサイ…)

 

参考書はフェノロサー日本美術の恩人の影の部分ー」(保坂清著、河出書房出版)です。

 

フェノロサが日本美術万歳!という活動をしてきたのは、高給を貰うことができる日本で働き続けるため、ということを前回まで見てきました。

 

フェノロサの闇を覗く① - リアル絵描き日記

日本の美術品を海外流出させていた?ーフェノロサの闇を覗く②ー - リアル絵描き日記

法隆寺夢殿を無理矢理開帳させた?ーフェノロサの闇を覗く③ー - リアル絵描き日記

外国人雇用危機を乗り切れ!ーフェノロサの闇を覗く④ - リアル絵描き日記

 

政府が求めている外国人像を演じていたのかもしれません。

 

何を政府がフェノロサに期待していたのか?、それに対してフェノロサはどんなことをしたのか?を簡単にまとめてみました。

 

政府:

 

国家を揺るがすキリスト教の思想や高まる自由民権運動を止めてほしい。

 

↓↓↓

 

フェノロサ:

 

政治講義の中で、日本国家は専制権力による統治が必要だということを教える。

東京大学の学位授与式の演説の中で、学生たちに政治への関与を戒める内容の話をする。

 

☆ちなみに政府が最初に雇ったお雇い外国人第1号が宣教師でありました。キリスト教の思想を広めたく無かった政府は「しまったーーーー!!!」とがっかり


次の募集からお雇い外国人の条件に宣教師でないことが強調されるようになります。

 

また、他の教育機関にも宣教師を先生の職に雇い入れない様に通達を出していました。

 

 

 

政府:

 

迫り来る列強達に対抗するために強くなる必要がある!国民が協力してくれる理論を広めてほしい。

 

↓↓↓

 

フェノロサ:

 

東京大学や一般に向けた講義で、先に動物学の教授として来日していたモースと共に、ダーウィンの「進化論」を教える。

 

自分の哲学講義の中で、スペンサーの「社会進化論」を教える。

 

「世態開進論」という演説の中では、国家を一つの家族に例え、国民はその一致団結によって強力な外敵に当たりうると強調している。

 

☆「強いものが弱いものに勝つのは自然界の法則である」という「進化論」は、西欧列強に狙われていた弱小国日本には、強くなるために利用できる理論でした。


スペンサーの「社会進化論」は、このダーウィンの進化論を社会に適用したもの。

 

猿から人が進化した的な側面を持つ進化論は政府が推し進める皇室の歴史とは相反すると個人的には思うのですが、人々はそこをどう受け入れてたのでしょうか?わからんです。

 

 

 

 

政府:

 

国粋主義を広める一貫として、日本美術の良さを国民に広めてほしい

 

↓↓↓

 

フェノロサ:

 

美術団体の講演で、とにかく日本美術の太鼓持ちをする。


特に「籠池会」という団体でした演説は有名です。

のちに翻訳され、「美術真説」として出版もされました。

 

 

美術真説の中で、日本絵画の世界的な優越性を唱えています。

若干油絵攻撃してます。

 

☆更に、経済的な不安を抱えていた政府としては、日本画が輸出拡大や勧業にならないかという期待もあったと推測されますが、その線は無理でした。

 

明治16年にとある美術団体が、日本政府が「秀作」とした日本画150点をパリで展示しましたが、なんと一ヶ月半の展示期間中、売れたのはゼロ点であったそうです…。

 

(フェノロサによると日本画世界より優れてるはずなのにおかしいな)

 

 

 

 

 

あまりにも政府寄りの活動と保身に全力投球の活動をしていたため、一部の人たちはフェノロサに対して不信感を持っている人も居ました。

(日本で油絵を広めようと尽力していた高橋由一もその一人。)

 

フェノロサが活躍していた時代の日本美術の流れや、フェノロサの日本美術称揚活動だけを見ると、なんか変だなあ~?と感じますが、その背景にある政府の意図を見てみると明快ですっきりです。

 

当時油絵を描いていた作家たちは、理不尽な扱いを受けて、肩身が狭い思いをしていたことでしょう。

 

 

 

 


今日はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

次回最終回です。

akashiaya.jimdofree.com

外国人雇用危機を乗り切れ!ーフェノロサの闇を覗く④

今日も生きてます。

 

ジブリが画像を常識の範囲内で使用して良いということなので、とりあえずアリエッティの翔君の画像を即刻PCの壁紙に設定しました。

 

随時公開されていくそうです。
こういうの楽しいですよね。

f:id:akashiaya:20200920034218j:plain

 

 

 

さて、フェノロサに懐疑的なスタンスの『フェノロサー「日本美術の恩人」の陰の部分ー』(保坂清著、河出書房新社)を参考に、フェノロサを見ていきます。

 

 

 

日本美術の良さを日本に知らせ、その保護を唱えたことから日本美術の恩人とも言われるフェノロサ

 

しかし元々は哲学の教授として来日していました。分野外のはずなのにいつの間にか日本美術を理解する第一人者になっています。

 

どのような過程があったのか今日は見ていきます。

 

政府がお雇い外国人を初めて、明治12年を境に急速に減少し始めます。お雇い外国人を高給で雇ってしまったため、経済を圧迫していたことが原因のひとつでした。明治18年にはお雇い外国人は総数の半数までになります。

 

フェノロサの場合、アメリカに帰っても日本より良い給料で働ける場所はありませんでした。(というかもしかしたら職にありつけられないかもしれない)

 

そして明治14年以降は国粋主義が高まっており、日本の政府がいつまでも国防や外交や教育の中枢にお雇い外国人を参画させては置かない雰囲気があったようです。

 

身の回りのお雇い外国人が次々といなくなっていく中、フェノロサはこの雇用危機をどう乗り越えたか…!?

 

その答えが、日本美術万歳!だったのだと思われます。

 

フェノロサは政府系の古美術保存団体「籠池会」を筆頭に、何ヵ所も演説会に引っ張り出されます。

収集した作品の理解を深めるためか、古美術鑑定会「鑑画会 」にも出入りしています。当時の日本の外国崇拝にあやかって、名流貴族富豪の秘蔵品も見ていたと思われます。

 

フェノロサが当時の欧米人の中で、一番日本美術・東洋美術に詳しかったことは事実です。

 

政府系の要人とも関わりを持つ努力をしていたようで、なんと伊藤博文が総理大臣になる前に知り合いになり、鑑画会の大会に総理大臣になった伊藤博文を招いていたというから驚き️です。

 

とにかくフェノロサは日本で生き残ることに必死だった面もあるのです。なので日本美術万歳の活動が少し異常に活発に思えるのかもしれません。

 

 

日本の美術への称賛と保護を言っているのに、国の重要文化財級の逸品を大量に海外に流出させている矛盾は自覚していたようです。

 

 

フェノロサは、東京大学の雇用不安から、政府高官宛に新設される帝国博物館への就職をお願いする手紙を出しています。

 

 

個人的なことで一言申し述べたいことがあります。それは、過去において私が日本美術の大蒐集家であったという事実によって、私のことを博物館関係者のような責任のある地位につかせるには適当な人物でないとの偏見を持つ人々が存在することであります。その点に関し種々のご心配があったと思いますが、実は私は、今はじめて打ち明ける話ですが、私の全コレクションをボストン美術館に陳列することを条件に昨年売却致しました。今や蒐集家ではありませんので、その点のご心配は払拭できるかと考えております。現在はそのごく一部を東京に残してありますが、これは文部省図画調査会のため複写用原本として置いてあるものです。私は絵画を購入することを止めております。コレクション売却以後、これまで購入した目的も専ら「日本美術史」の図版用という限定された計画を実現するためでありましたが、私の蒐集に関する限りその計画も完了しております。今後はもしお許し願えるならば、私は現在のように粉骨砕身、現存するすべての古美術を日本に保存し、これを実用的かつ、科学的に利用せしめることに献身致す所存であることを名言いたします。もし閣下が諒とせられるならば、何卒この所見をご活用下さい。(山口静一「フェノロサ」上289ページ)

 

手紙の中ではっきりと作品を売却してる矛盾について触れてますね。手紙の中では今後は作品を売却しないと名言していますが、普通に売却してます

 

博物館に就職することは叶わなかったフェノロサですが、ただのお雇い外国人から、日本美術万歳の旗振り外国人としてだいぶ長く日本で活動することができました。悪い言い方をすると、日本の税金と日本美術を売却したお金でだいぶ懐を肥やしたのではないかと思われます。

 

フェノロサがこのような日本美術万歳の活動をしたのは、もちろん政府から暗に陽に求められていたからだと思われます。そういう点で、フェノロサは日本美術の恩人であることに間違いではないです。

 

 

 

まだ少し続きます。


今日はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdofree.com

法隆寺夢殿を無理矢理開帳させた?ーフェノロサの闇を覗く③ー

今日も生きてます。

 

 

人生で一番爽快だった出来事って何ですか?

 

私が自分の人生の中で爽快だったのは…

ゆで卵の殻がつるんっと剥けたときですかね。(規模が極小。)

 

 
前回から取り上げてきたフェノロサにも

実に一生の最快事であった

とすることがあるようです。

 

 

それはなんであったのか?「フェノロサー「日本美術の恩人」の影の部分ー」(保坂清、河出書房出版)を参考に見ていきましょう。

 

 

フェノロサの美談の一つとして200年開けられていなかった法隆寺夢殿の秘仏を開けさせたことがあります。今は春と秋、年に二度開帳されています。

 

f:id:akashiaya:20200920032858j:plain

法隆寺夢殿

663highland - 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1299518により引用

 

明治14年、国の後ろ楯を持って法隆寺へ調査しに行ったフェノロサ。役人であった岡倉天心も同行しています。何故か日本美術を収集したいと思っていた富豪のビゲローも、全くの無関係なのに「友達」ということで同行しています。

f:id:akashiaya:20200920032422p:plain

ウィリアム・スタージス・ビゲロー

Heliotrope Printing Co. - Portraits of the Class of 1871, Taken at Graduation and in Later Life (1896), Boston, The Heliotrope Printing Co., 1896, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=39316440により引用

f:id:akashiaya:20200920032642j:plain

岡倉天心

不明 - 茨城県天心記念五浦美術館蔵, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4048813により引用


フェノロサの著書「東亜美術史綱」の中で法隆寺の不開扉の秘仏を開いた部分を引用します。

 

 

 私は中央の政府から身分証明書を携行していたので、社寺の倉や厨子を開くことを公に要求しうる立場にあった。八角の夢殿の中央部には大きな閉ざされた厨子が安置され、空にそそり立つ柱のような感じがした。法隆寺の寺僧によると、厨子の本尊は推古朝の半島伝来の仏像という寺伝があるが、二百年ものあいだ、この厨子は開かれたことがないということであった。このようなユニークな宝物を目前にして興奮した私どもは、あらゆる言葉を用いて厨子を開くように寺僧に要求した。しかし開扉の罰として、おそらく地震が起こって寺が壊れてしまうといって寺僧たちは抵抗し、容易に承服しなかったが、ついに我々が勝利を収めた。

 

 

率直な私の感想としては、フェノロサひどくないですか?

(鬼畜降臨)

 

人命救助というわけでもないし、一つの集団が大事に保管して守っているものを、政府が介入していい必要性はないと考えます。日本の伝統を尊重している人間がとる手段ではないように感じます。しかも「勝利を収めた」という表現が気に食わん。人の思いを踏みにじる行為が快かったのでしょうか。

 

 

そもそも何でフェノロサに対してこのような権限を政府が与えたのでしょうか?

当時の日本の背景を確認します。

 

フェノロサが来日していた明治10年前後の日本は、維新政府が天皇制を基軸にした国体を築こうとしていました。しかし、外国との不平等条約・国内の自由民権運動・続々上陸するキリスト教宣教師…問題は山積み。

 

それに加え、イギリス・フランス・アメリカなどの列強が、日本を植民地にしようと思惑をめぐって直接的行動を起こしかねている緊張感のある時期でした。

 

欧米との格差を知った岩倉使節団より、維新政府は早急に列強と並ぶ近代国家になるために、様々な分野に「お雇い外国人」を招きます。外国の技術を必要としていた半面、列強に対抗するため、国民が日本国民として一つになる必要性もありました。

 

廃仏毀釈運動で破壊されたり、経済に窮した名家から日本のお宝が流出したりしてました。そこで伝統的な日本の文化財を守る法律が作られます。

 

そもそも日本に何があり、何を保護するべきか?それの調査をフェノロサが担っていたのです。

 

 

ちなみに当時の在日外国人の間で日本美術を収集する熱気はあったようです。フェノロサの前にお雇い外国人として来日していたモースは陶磁器を集めまくっていました。

 

f:id:akashiaya:20200920033157j:plain

エドワード・シルヴェスター・モース

 パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=976475より引用

 

美術に詳しくない外国人でも、日本の陶磁器や浮世絵が欧米で人気があることは周知の事実(高く売れる)で、お土産程度に買っていく人は多かったようです。

 

 

 

今日はここまで。次回に続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

akashiaya.jimdofree.com

 

 

日本の美術品を海外流出させていた?ーフェノロサの闇を覗く②ー

今日も生きてます。

 

国の美術品はどこに保管されるのがベストだろうか。

やっぱりその国の歴史や建国に関わる大事なものだったら、生まれた国で保存されて守られるのがいいのではないだろうか?

 

あまり文化財の在り方に関心が無かったので知らなかったのですが、大学の授業の中で「エジプトの文化財大英博物館に持ち運ばれたのは不当である」といったような内容の映像を視聴させられてから(よく眠らなかったな私。)、美術館・博物館はそういう問題を抱えてるんだな~ということを知りました。

 

文化財返還問題」というようです。

文化財返還問題(ぶんかざいへんかんもんだい)とは、合法売買や窃盗など合法的又は違法な手段によって外国に渡った文化財を、その原産国・所有権を持つ国が返還要求することに関わる、あるいは、譲渡を要求することに関わる問題である。

(文化財返還問題 - Wikipediaより引用)

 

日本は2000年以上もずっと日本なのでまだわかりやすいですが、戦争などで植民地になったり、統治者と体制が変わってしまった国の場合などは作品の原産国なくなってしまっている場合もありますよね。

 

個人的に民族の根幹に関わるようなもの(日本においては皇室に関する物でしょうか?)が国外にあるのは絶対ダメだと思います。他の美術品は大抵昔お金持っている人が嗜好品として作らせたもので、本当に必要?と思ってしまいます。

 

私はめちゃ庶民なので、庶民目線で考えてしまいます。昔のお金持ちの嗜好品を今の私たちの税金で維持する必要性ありますか?(企業や個人が文化財を保管するのは自由。)この立派な宝物をつくらせてた時、平民はどんな生活していたんだろうか…

 

…私は学芸員になれない人間だな!

 

ともかく、私個人の思いはおいておいて、理想論&一般論としてはその国の文化財はその国の宝物なので、その国が保管していることが望ましいのです。

 

 

ということで、フェノロサの闇を今日ものぞいていきましょう。

f:id:akashiaya:20200916085415j:plain

 

 

参考図書は、フェノロサに懐疑的なスタンスの『フェノロサー日本美術の恩人」の陰の部分ー』(保坂清著、河出書房新社)です。そのような目線でみていきます。

 

前回はフェノロサの年表を確認しました。

フェノロサの闇を覗く① - リアル絵描き日記

 

 

今日はお雇い外国人として来日し、破格の高給で東京大学の教授として哲学を教えていたフェノロサが、信じられないほどの量の日本美術品を収集していたという一面を見ていきます。

 

 

フェノロサが日本美術に興味を持ち始めたのは日本画でした。そのときに通訳をしていた人から狩野派の系統を継承した絵師である、狩野友信・狩野探美を紹介されます。

 

この二人を通じてフェノロサは日本の美術のことを理解していきます。

 

ちなみにフェノロサ11年間日本にいたそうですが、ほとんど日本語を使用せず、あまり読み書きも出来なかったみたいです。

まわりに頭の良い東京大学の学生がいたから必要無かったのかもしれませんね。

 

知識を蓄えていったフェノロサは、質の良い(本物!)美術品を収集していきます。

代表的なもの↓

 

尾形光琳「松島屏風」

f:id:akashiaya:20200917154322j:plain

尾形光琳「松島図」(ボストン美術館

Ogata Kōrin (1658-1716) - Museum of Fine Arts Boston, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=62560532により引用

 

狩野元信「白衣観音像」

f:id:akashiaya:20200917154540j:plain

狩野元信「白衣観音図」(ボストン美術館所蔵)

狩野之信「四季花鳥図屏風」

雪舟「花鳥屏風絵」

俵屋宗達「花鳥図」

住吉慶恩「不動図」

岸駒「神鹿図」

狩野隆信「聖徳太子絵伝」

伝狩野徳永「龍虎図屏風」

「吉備大臣入唐絵巻」四巻

大威徳明王像図」

「法華堂根本曼陀羅図」

 

 

結果、来日二年でフェノロサが収集した日本美術品…

二百数十点!

中国人も真っ青の爆買いですよね。

 

三日に一点休まず集めていた計算になるけど、君本当に大学で講義はしてたのかい?と疑いたくなる量の多さです。

 

ボストン美術館とフーリア美術館の日本美術コレクションはほとんどフェノロサが収集したと言っても過言では無いです。

 

ちなみにフェノロサはこの収集の間、演説では日本美術の優秀性や「保護」を説いていたそうな。

 

国宝級の住吉慶恩の絵巻物を入手した時、そのやり取りをみていた日本人(岡倉秋水)によると、絵巻を売る商人にそれを売値の倍の値段で買うから、誰が購入したのかを口外するなという口止めをしていたようです。

 

日本の財宝を国外流出させている自覚はあったのかもしれませんね。

 

 

 

 

次回に続きます。

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdofree.com

 

 

 

 

フェノロサの闇を覗く①

今日も生きてます。

 

人間はなんやかんや悪いものが好きです。(私も。)

特に他人の闇の部分ほど興味を引くものはありません。

 

という事で、今日からこの人の闇の部分についてみていきたいと思います。

f:id:akashiaya:20200916085415j:plain

アーネスト・フェノロサ

不明 - scan by Fraxinus2 from a book, Fenollosa Yale Press 1963, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18703357により引用

 

この人の名前はアーネスト・フェノロサです。

 

昔の記憶なのであいまいですが、中学校の教科書にも明治期に日本美術を称揚した外国人として掲載されていたと思います。

 

前回高橋由一の人生を見ていく中で、由一とフェノロサとの絡みがあったのですが、なんかフェノロサの活動が少し異常だと感じました。

 

なのでフェノロサに懐疑的なスタンスのフェノロサー日本美術の恩人」の陰の部分ー』(保坂清著、河出書房新社)を参考に、フェノロサがなぜ日本美術を賞賛し、活発的にその活動していったのかみていきましょう。

f:id:akashiaya:20200916085800j:plain

 

まず年表に沿ってフェノロサの人生を見ていきます。

 

1853年

アメリカ、マサチューセッツ州に生まれます。

 

1859年

ダーウィン種の起源を出版。

 

1866年

セーラム高校に進学する。母メアリ死亡。

 

1868年(日本)

神仏分離令が出されます。政府が意図していたものではありませんでしたが、各地で廃仏毀釈運動が起こり、仏教寺院・仏像・経巻が破壊されました。

 

フェノロサは1870年にハーバード大学進学し、大学院まで進み修了します。(就職口が無かったのか?)その後、神学校へ進学し退学。ボストン美術大学附属絵画学校へ入学します。

 

しかし、父マニュエルが自殺します。一家の経済を担うことになったフェノロサは、未開の地日本への就職を決意します。当時日本政府は破格の高給で外国人を雇っていました。俗にいう、お雇い外国人ですね。

 

1878年

エドワード・モースの紹介にて東京大学の就職を決意します。エドワード・モースは既に東京大学で教授として働いていて、さらにもう一人、哲学・政治の教授の推薦を依頼されていました。

 

フェノロサは開設されたばかりの東京大学で教授として働きます。進化論を説き、キリスト教徒の反感を買います。

恋人リジーと結婚します。

 

1879年

日本美術の収集に興味を持ち始めます。狩野友信、狩野永悳に手ほどきをうけます。

 

1880年

引き続き東京大学で哲学を教えます。進化論の立場からミルの自由論と共産主義を批判します。

古美術収集・調査のために京都・奈良を訪れます。

 

1881年

東京大学内で改革が起こり、契約解除されるお雇い外国人が多くなります。そんな中なんとかフェノロサは契約更新します。

 

1882年

美術収集のため、近畿地方を旅行します。

 

国粋主義団体「籠池会」の依頼により、「日本美術は世界に卓越した芸術である。」と演説します。この演説は本にもなり、「美術真説」として国粋主義普及のために頒布されました。

 

東京大学の依頼で、学位授与式の中で学生の政治への関与を諫めるような演説をします。

 

1883年

モースの友人である富豪のビゲローと、美術品収集を目的にしたと思われる関西旅行をします。

 

1884年

東京大学と三回目の契約を更新をします。

・文部省の関西古社寺調査に同行します。岡倉天心、ビゲローと共に、法隆寺夢殿を強引に開扉させます。

狩野芳崖パトロンになります。

・文部省図画調査会委員になります。

 

1885年

・美術学校創設準備の委員となります。

・ずっと収集していた日本美術のコレクションをボストンの収集家に売却し、28万ドルという莫大な利益を得ます。

 

1886年

・古美術調査のために岡倉天心狩野芳崖を引き連れ関西旅行をします。

東京大学教授から、文部省に雇い替えとなります。

・日本美術の輸出の可能性などを調査しに、岡倉天心らとともに欧米視察を命じられ、出発します。

 

1887年

帰国後、出張中に開設していた東京美術学校に雇われます。

 

1888年

近畿地方の古社寺宝物調査をします。

 

1889年

日本に自分の居場所が無くなるのを感じたのか、フェノロサは帰国を考え始めます。そしてボストン美術館と就職交渉をはじめます。

 

1890年

フェノロサ、文部省を辞任します。

そして自身の日本美術レクションを売却したボストン美術館に東洋部長として就任します。

 

1894年

フェノロサ、助手のスコット夫人と不倫し、スキャンダルが広まります。

 

1895年

ジーと離婚し、メアリ・スコットと結婚します。フェノロサ、莫大な慰謝料を抱えます。

 

1896年

ボストン美術館に無断で日本浮世絵目録を出版します。

これによりボストン美術館理事会と対立し、東洋部長を辞任します。

日本に向かい、岡倉天心に就職を依頼するも無理筋であった。

 

1897年

懲りずにまた来日。

昔のつてを頼りに岡倉天心や、他の人に就職を依頼するが無理筋であった。

 

1898年

おそらく教え子の誰かが融通を利かして高等師範学校非常勤講師になります。

 

1900年

高等師範学校講師解任されます。

日本を離れます。

 

1901年

手元に残っていた日本美術コレクションを富豪フーリアに約一万ドルで売却します。

 

1902年

富豪フーリアにさらに所有していた日本美術のコレクションを5000ドルで売却します。

 

1906年

フェノロサ、フーリアコレクションの整理に没頭します。

 

1908年

心臓発作でロンドンで死亡。55歳でした。

 

1909年

遺骨が三井寺法明院に埋葬されます。

 

 

 

 

ざっとフェノロサの年表を見てみましたが、いかがでしたでしょうか?日本美術の保護を唱えたともいわれるフェノロサが、日本美術品を収集し、それを外国に売却して莫大な利益を出していた側面もあるのは事実なわけです。

 

それに加え、なんだか国粋主義を広げて国内統一を図りたい政府寄りのあざとい(?)活動がみられるような感じがしなくもないです。

 

 

次回からはそのあたりを深堀していきたいと思います。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdofree.com

絵筆を選んだサムライの人生ー高橋由一⑦

今日も生きてます。

 

菅さんが総理大臣になったら、私のふるさと秋田出身者初の総理大臣になるのでは…!

と、同郷ということだけで親近感が湧いています。

(田舎者は同郷の人間をすぐ仲間だと思う、そういうものなんです。)

 

ちなみに、クレヨンしんちゃんのおとうさん「野原ひろし」も秋田県出身という設定です。

 

 

さて、高橋由一についてみてきました。

 

刀より絵筆を選んだサムライー高橋由一(たかはしゆいち)ー - リアル絵描き日記

絵筆を選んだサムライ高橋由一の人生② - リアル絵描き日記

絵筆を選んだサムライ高橋由一の人生③ - リアル絵描き日記

絵筆を選んだサムライ。高橋由一④ - リアル絵描き日記

日本一の「鮭」を知る。絵筆を選んだサムライ高橋由一⑤ - リアル絵描き日記

高橋由一VSフェノロサ?! 絵筆を選んだサムライ高橋由一⑥ - リアル絵描き日記

 

今日はとうとう最終回です。

 

今までの復習もかねて簡単に高橋由一の略歴を確認します。

 

f:id:akashiaya:20200827162911j:plain

不明 - [1] Mie Prefectural Museum of Art, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=8904234により引用

1828年

下野国佐野藩の江戸藩邸にて生まれる。

 

1839年 12歳

狩野派の絵師に師事する。

 

1847年 20歳

広尾稲荷神社拝殿天井に「墨龍図」を描く。

f:id:akashiaya:20200827163217j:plain

Takahashi Yuichi (1828-1894) - http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/j/bunkazai/bunkazai.cgi?id=5125, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33562824により引用

1848年 21歳

洋製石版画に感動する。

 

1858年 31歳

長男誕生。

 

1862年 35歳

洋書調所画学局に入局する。

 

1863年 36歳

長女誕生。

 

1866年 39歳

ワーグマンに師事する。

f:id:akashiaya:20200831102718j:plain

1861年イラストレイテド・ロンドン・ニュース紙に掲載されたワーグマンのイラスト。

不明 - The Illustrated London News, 1861., パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2183464により引用

 

1868年 41歳

江戸が東京に改称。

脱藩する。

 

1871年 44歳

2月に民部省寺院小属になるも5月すぐに退職する。

12月に南校の教官になる。

 

1872年 45歳

三女が誕生。

「花魁」「富岳大図」を制作する。

東海道に取材旅行をする。

f:id:akashiaya:20200831140919j:plain

Takahashi Yuichi - Catalogue, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28998713により引用

 

 

1873年 46歳

ウィーン万博に「旧江戸城之図」「国府台真景図」が出品される。

画塾「天絵社」を創設する。

 

1877年 50歳

第1回内国勧業博覧会にて「甲冑図」「東京十二景」「不二山遠望ノ図」を出品。

賞を受賞する。

f:id:akashiaya:20200901090254j:plain

Takahashi Yuichi (1828-1894) - http://salonofvertigo.blogspot.co.uk/2012/06/blog-post_30.html http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/catalogue/takahashi/kaisetsu.htm, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33564947により引用

 

1879年 52歳

金刀比羅宮で開催される「琴平山博覧会」に37点出品する。

うち35点を奉納し、200円を受領する。

(フェノロサが画塾「天絵学舎」に訪れる。)

 

1881年 54歳

金策が難航する。

山形県令の委嘱により、東北地方の記録制作旅行に出る。

栗子隧道図」山形市街図」「宮城県庁門前図」「松島図」を制作。

f:id:akashiaya:20200904154717j:plain

山形市街図

高橋由一 - 山形県所蔵, パブリック・ドメイン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=3225177により引用

f:id:akashiaya:20200904152311j:plain

宮城県庁門前図

Takahashi Yuichi (1828-1894) - http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/mmoa-collect005.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28858486により引用

f:id:akashiaya:20200904152443j:plain

松島図

Takahashi Yuichi (1828-1894) - http://www.pref.miyagi.jp/bunkazai/siteibunkazai/miyagi-no-bunkazai/02Kaiga/ken/04matusima.htm, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28858371により引用

1884年 57歳

天絵学舎が廃校になる。

栃木県令の依頼で東北を取材旅行する。

 

1885年 58歳

「鑿道八景」(さくどうはっけい)の制作をする。

石版画「東北三県風景画シリーズ」の完成。

 

1887年 60歳

山形を旅行し、地元の富豪の肖像画を制作する。

 

1891年 64歳

岐阜県の有力者と共、天皇皇后両陛下に献納するため長良川鵜飼図」「養老瀑布」を制作するが、地震により中止になる。

f:id:akashiaya:20200904155820j:plain

長良川鵜飼図

Takahashi Yuichi (1828-1894) - http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0041129, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33563576により引用

1893年 66歳

洋画普及の功績が認められ、賞勲局より銀盃を下賜される。

「洋画沿革展覧会」開催する。

 

1894年 67歳

亡くなる。

 

 

 

 

 

 〇由一と東北

由一は江戸生まれですが、東北の風景を描いた作品をたくさん残しています。

 

これは金刀比羅宮で資金援助の助成をしてくれた高崎正風が、当時東北地域の県令であった三島通庸に由一を紹介したからです。

f:id:akashiaya:20200904154400j:plain

三島 通庸(みしま みちつね)

不明 - 個人の所有物, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=65323364により引用

三島通庸は当時ぐいぐい土木工事を進めていたようで、記録の意味を込めて高橋由一に仕事を依頼していたようです。鬼県令って呼ばれてたんですって。

 

「鑿道八景」

f:id:akashiaya:20200904154940p:plain

第一景 三川橋

f:id:akashiaya:20200904154959p:plain

第二景 栗子山隧道

f:id:akashiaya:20200904155027p:plain

第三景 片洞門

f:id:akashiaya:20200904155122p:plain

第四景 関山隧道

 

f:id:akashiaya:20200904155310p:plain

第五景 ヘツリ岩(ヘツリはやまへんに弗)

f:id:akashiaya:20200904155412p:plain

第六景 大峠

 

f:id:akashiaya:20200904155515p:plain

第七景 男鹿川橋

f:id:akashiaya:20200904155600p:plain

第八景 三島牧場

栗子山トンネル開通式に明治天皇が臨席され、御休憩所に由一の油絵の作品が飾られていました。そして絵をご覧になった陛下が、そのうちの一枚を献ずるように命じられたそうです。

由一にとっては大変な名誉でした。

 

 

 

 

〇「洋画沿革展覧会」開催

f:id:akashiaya:20200904161121j:plain

髙橋由一像 原田直次郎筆

 

Harada Naojirō (1863-1899) - http://jmapps.ne.jp/geidai/det.html?data_id=4279, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=46678114により引用

↑は会場に掲げられた由一の弟子が描いた由一の肖像。めちゃくちゃうまいですね。

 

晩年床に臥せた高橋由一の功績をたたえるように、息子や弟子たちが展覧会を企画します。高橋由一はこの展覧会のために2枚の作品を描き、その作品を朝廷に献上します。

 

このことがきっかけにもなり、高橋由一の洋画普及の長年の功績が認められ、銀盃を下賜されました。

 

 

〇由一の評価

 

由一亡き後、親族でうまく由一の志を引き継いだものはいなかったようです。(息子は途中で商売人になる宣言をしている。)保管されていたたくさんの由一に関する資料は、東京美術大学に納入されました。

 

その後国の後ろ盾もあり、黒田清輝が洋画ブームを引き起こしますが、高橋由一の存在は一時期は忘れられてしまいました。

 

しかし美術評論家土方定一高橋由一の回顧展を成功させると、再評価がされ始めます。そして教科書に鮭が紹介されるようにまでなりました。(良かった…)

 

 

f:id:akashiaya:20200901065457j:plain

 

 

 

 

 

 

 

当時の写真よりも油絵の方が記録に向いていると考えていた由一の作品は、鑑賞者を感動させようと演出する描き方ではなく、対象の本当のありのままを描き出していて、そこが魅力につながっているんだなーと思います。

再評価されて良かった。

 

 

鮭、みたくなりましたねー。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdofree.com