リアル絵描き日記

女性像を描いている洋画家明石恵のブログです。

チョークとコンテの語源と由来とケバブ

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

全日在廊する予定です。

進行中ですがDMイメージはこのような感じです。

f:id:akashiaya:20170622095728j:plain

f:id:akashiaya:20170622095725j:plain

いよいよあと二か月…緊張しております。

 

そして今日から秋田の画廊キャラリー杉(杉はさんと読みます)にて何点か作品を出品してます。

 

〇「窓のある風景展」ギャラリー杉

会期:2017年6月22日(木)~7月11日(火)

秋田市大町1-3-27  TEL 018-866-5422
営業時間:AM10:30~PM6:30/駐車場完備./水曜日定休

 

「窓」をテーマにした展覧会です。毎年この企画をギャラリーではやっているそうです。在廊しませんが、雰囲気の良いギャラリーなのでぜひ足を運んでみてください。

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

今日も生きてます。

 

今ネットニュースで産経の記事を見ました。六本木でケバブを売っているトルコレストランが無理な客引きで逮捕されたらしいです。

 

お巡りさん、上野のアメ横ケバブもすごいですよ。

友人と歩いているときに腕を掴まれたことがあります。

こわいです。振り払いましたが。

トルコの客引きはこれが基本なのでしょうか。大変ですね。

無理な客引きは逆に絶対購入するものかあと反抗精神を燃やされます。

(ほんとはちょっと食べてみたい…)

 

さて、全く関係ない話でした。

 

今日はチョークとコンテの話です。お付き合いよろしくお願いいたします。

昨日タイトルを忘れていて意味深な更新をしてしまいました。

 

チョークと聞くと黒板のチョークを思い出しますが、画材でもチョークと呼ぶものがあります。イメージは黒板のチョークと変わりませんが、もう少し細ながい四角柱です。

 

そもそも「チョーク」という名は原材料にもなっている白い土、「白亜」の事をさした言葉だそうです。英語の「chalk」ですね。次第に画材としてそのまま使える黒鉛片、酸化鉄系の鉱山のこともチョークと称されるようになりました。

 

天然もののチョークに対して、人工的に精製し棒状にして固めたのがコンテです。コンテのイメージは油分の少ないクレヨンかな。コンテはなんでコンテという名前かというとコンテを考案したのが「二コラ・ジャック・コンテ」というフランスの科学者だから。コンテは名前だったんですね。

なので画材として人工的につくられたものはみんなコンテなんですね。現在名前としては区別ないのかなと思います。

 

〇コンテ(カーボンチョーク)は三色

白→石灰質の白亜

黒→黒鉛

赤褐色→酸化鉄系の鉱山(サンギン)

 

鉛筆ができる前にできた画期的なものだったそうです。画材にも歴史があるんですね。

 

ちなみに黒板に使われるチョークの原材料(白)は「炭酸カルシウムor石膏」です。石膏は水を加えると固まる特性があるので水と混ぜて型にいれてつくります。炭酸カルシウムの場合は糊と混ぜてつくります。

 

日本白墨工業の天神チョークを作る工程を動画で見ましたが、意外にすべて機械化されているわけではなく職人さんが大活躍してました。

「再生チョーク」なるものは、キューピーがマヨネーズをつくるときに出る卵の殻を材料につくられているそうです。リサイクルです。エコです。

動画の最後に最後まで大事に使おうと女の子のキャラクター言ってました。

 

高校終わってからチョーク全然さわってないです。高校は美術系だったため、休み時間など、黒板は芸術的な落書きにあふれていました。ゲームのキャラクターとか描くのめちゃくちゃ上手な人たまに居ませんか?消すのがもったいない絵たくさん描かれてたなあ。いい思い出です。

 

 

 

 

なんか最近長くなってしまい気味ですね。(おそらく余談のせいで)

1000文字未満に抑えようかなー。

 

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

akashiaya.jimdo.com

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

全日在廊する予定です。お楽しみに(^^)

 

今日も生きてます。

 

さて、昨日までは顔料について書いていました。

今日から具体的に画材に焦点を当てていきたいと思います。

f:id:akashiaya:20170620061938j:plain

 

今日は「木炭」です。

木炭に関しては美大受験する人以外あまりなじみないかもしれません。

受験で木炭デッサンがある年もあるので、予備校では木炭デッサンをよく描きました。

木炭はヤナギ、ブドウ、カバ、水木、ホオ、クワなどをよく乾燥させ、230前後で蒸し焼きにしたものです。

黒い棒です。

使うときは中の芯(固い芯がある)を抜き、紙やすりで先をとがらせながら木炭紙にデッサンします。鉛筆のように芯が木にくるまれているわけではなくむき出しなので、手が真っ黒になります。私はその手で顔を触ってしまって顔も真っ黒でした。

 

木の種類や、焼き方、温度によって青みがかっているものや、茶色っぽいものもあります。

黒い絵の具の顔料としても使用されるそうです。

 

簡単に紙にのりますが、消しやすくもあります。息を吹きかけると粉がどこかにいきます。繊細な作業が必要な画材です。

 

予備校に行くまでちゃんと使ったことなかったのですが、消す道具として消しゴムや練ゴムだけではなく、食パンやガーゼを使うのが面白かったな。

お昼ご飯兼木炭用に食パン一斤もっていったときもありました。(ほぼお昼ご飯になってたかも)

 

予備校の中には課題の優秀作品がストックされていて、うまい人の木炭デッサンや石膏像や自画像をみておののいてばかりでした。木炭は今でも苦手意識があります。デッサンするなら鉛筆の方好きかな。

 

久々にデッサンしたくなりました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

顔料の種類について

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

全日在廊する予定です。お楽しみに(^^)

 

f:id:akashiaya:20170620020803j:plain

f:id:akashiaya:20170620020800j:plain

//////////////////////

 

今日も生きてます。

 

お父さん

今気がついたのですが、18日父の日だったんじゃ…

記念日系を確実に過ぎてから気づいてしまう癖どうにかせねば…

過ぎてしまいましたが、お父さん今まで育ててくれてありがとうございます。

私はお父さんに一度もぶたれたことも一度も怒られたこともないのにこんなにいい人間に育ったことを感謝しています。

いろいろ心配ばかりかけていてすみません。

すぐ死ぬとか言わずにもう少し心配していてください。

あや

 

さて、今日も元気に顔料です。

 

なぜ顔料が大事かというと、どんな顔料を使うかでその作品が描かれたままの姿を何年維持できるかが変わってきてしまうからです。(逆に無くなることや、変化を持たせることに意味を見出す作家や作品もある。)

 

昔のポスターが色褪せたりしているものを街でみかけたりしますよね。使う顔料や接着剤によっては20年かけて描き上げた傑作も10年しないうちに色褪せてしまう可能性があります。逆に何百年も前の絵が艶と輝きを失わずに美術館で私たちに感動を与えてくれることもあります。

 

作家が何年絵を残したいのか…描く前から何を画材に選ぶかで決まるし、描く前から意識しなけらばならないものです。

 

なので顔料とか細かいなあ(浪人中は思っていた)と思いますが、今日もお付き合いよろしくお願いいたします!

 

今日は顔料の分類です。

①天然顔料

②無機人工顔料

➂合成有機顔料

 

顔料ってなんぞや?という方はこちら↓

絵具の仕組み&埼玉新聞訪問 - リアル絵描き日記

 

①天然顔料(てんねんがんりょう)

天然顔料は砕いた鉱石類、土、木炭です。日本画の「本岩」と呼ばれるものもこの中に入ります。

 

②無機人工顔料

金属類に化学反応を起こしてつくった人工顔料です。

18世紀後半以降の近代科学の産物だそうです。無機人工顔料の中には毒物とされるクロム、カドミウム、水銀などを原料としているものもあります。絵画表現の仕組みによると、こうした成分が危険なのは顔料の粉を吸ってしまう絵具工場の人であり、普通に使っていても大丈夫なそうです。油絵具一本たべても自殺は不可能らしいです。

でも食べるのもダメです。自殺はもっとだめですよ。絵を描いて美術館に行きましょう。

昔先生に絵具がついたナイフでパンを切ってそれを食べてなくなった作家がいるって聞いて信じてたのですが、嘘だったんですか…?(こわかったよ…)

 

 

②合成有機顔料

白色の顔料に色素を定着させたもので、「レーキ顔料」といいます。

着色される白色顔料の方を「体質顔料」というそうです。

体質顔料は絵具に加工するとほとんど無色になり、定着させた色素の色がそのまま生きます。

 

合成有機顔料全体をみると、強い光や酸に弱いものもあります。

着色力が強い、色が混色しても鮮やかなどの長所がありますが、短所としては歴史が浅いため情報が少なく、何が起こるかわからない。新色がたくさん出る一方生産廃止になす色も多いことがります。

 

 

今まで自分で使っている絵具が天然顔料であるかどうかなんて考えたことなかったです。ちょっと自分が使用している絵具を見返してみようと思いました。

絵具を一度自分でつくってみたいと思います。

akashiaya.jimdo.com

 

 

気になる顔料&うちわ

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

 

会期中は団扇に絵を描くイベントを計画中です。

今日はその団扇を描いてました。

 

 

f:id:akashiaya:20170618143423j:plain

会期は夏なので金魚を描いてみました。

涼しくなりそうなモチーフですよね。

会場では何を描こうかなあ…わくわくしながら考え中です。 

//////////////////////

 

今日も生きてます。

 

以前ブログで絵具は顔料+接着剤でできているとかきました。

絵具の仕組み&埼玉新聞訪問 - リアル絵描き日記

 

接着剤がどんなものかで絵具の種類が変わります。下にまとめてみました。

 

●顔料+アクリル樹脂=アクリル絵の具

 

●顔料+アラビアゴム=透明水彩

 

●顔料+卵=卵テンペラ

 

●顔料+ポピー、リンシード= 油絵具

 

●顔料+アラビアゴム、トラガカントゴム=   パステル、コンテ

 

●顔料+膠=日本画、墨

 

●顔料+ロウ=クレヨン

 

アラビアゴムはアラビアのりがありますね。顔料が同じでも何が接着剤かで色もかわります。細かい話になってしまいますが、接着剤によってどのよう固まるかが違うからです。その話はおいおいしていきたいと思います。

 

今日は日本画の顔料に注目したいと思います。

日本画は他の水彩絵の具やアクリル絵の具のチューブから出してつかうものとは違い、作家が顔料と膠を自分で混ぜて絵具をつくって絵を描きます。日本画のチューブのものもありますが、日本画の表現には混ぜる顔料の粒の大きさや膠の量などが重要な要素です。私の個人的見解では日本画のチューブを使うのだったら日本画にこだわる必要ないのではないかと心の中で思います。(使用している作家さんごめんなさい。)

 

日本画の顔料の事は「岩絵具」ともいいます。本物の天然顔料の事を「本岩」とも呼ぶそうです。

 

私は授業でしか日本画を描いたことがありません。日本画の作家さんに聞くと日本画は奥が深いなあと思います。岩絵の具は鉱石が原料ですが、同じ原料でも粒の大きさで名前が変わるそうです。緑銅石(緑色)を例にすると大きさによって「岩緑」「松葉」「白緑一号」と変わります。粉が細かくなると光をよく反射するので色が淡くなります。

 

岩絵の具を使ってる日本画の作家さんは粒の大きさからくる色の違いまで考えて絵を描いているんですね。絵具の重ね方にも粒の大きさに順番があったりするそうです。深い。

 

ちなみにわたしが大学で自由に描いた日本画はバキバキに割れました笑

 

本物の天然顔料を「本岩」と呼ぶことに対して、「人工岩」と呼ぶ物があります。イメージとしては白い粉に色を付けたものです。本岩に比べるとお安いですが、色の耐久性はわかりません。本岩は高いので練習用として使いやすいそうです。「新岩絵具」として水晶末を顔料で覆ったものもあるそうです。

 

キャプションに日本画と書かれていてもほとんどアクリル絵の具で描いている作品や、チューブの日本画の画材を使っている作品もあります。それについては少し疑問の明石です。

 

画材の良さも理解して表現することって大事だなあと思う今日この頃です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

小鼻がとれる夢をみました。なんでや。

絵の保存方法油彩水彩アクリル編&木蓮さん個展

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

全日在廊する予定です。お楽しみに(^^)

 

//////////////////////

 

今日も生きてます。

 

埼玉訪問の日に仲間と伊勢丹浦和店七階プチギャラリーで開催中の木蓮さんの展示におじゃました。下の画像はDMより。

f:id:akashiaya:20170617141334j:plain

f:id:akashiaya:20170617141328j:plain

 

前もたまプラの個展を拝見したことがありましたが、今回は額装が変わっていてだいぶ印象が違いました。大きい作品もかわいかったです。鳥っていいですよね。

お近くにお住まいの方はぜひ。

 

 

 

さて、昨日は粉もん画材の保存方法について書きました。

今日は水彩や油彩、アクリルの保存方法について。

 

油彩も水彩もアクリルも、完全に固まると弾力が無くなりかちこちになります。油絵具は100年を過ぎると金属状にまでなるそうです!100年前の絵は金属並み固さなんですね。驚きです。これから見る目が変わりそうです。

 

このカチコチになった絵具の層が弾力のある支持体(キャンバスや紙など)にのっていると支持体に少しの衝撃が加わると絵具が剥げてしまう可能性があります。キャンバスを丸めたり、木枠に張ったキャンバスをたるませることはご法度です。

支持体の表面が平滑すぎるのも時間がたった後に絵の具が滑り出す危険があるそうです。

 

絵具が固まることを想定して画材を選ぶのが大事ですね。

 

 

保管方法まとめてみました。

●乾燥するまでは通気性の良いところ

●埃避け:木枠とキャンバスの間の埃が画面の思わぬ突起になったり、カビ発生の原因になる。

●ビニールで包むと、ビニールに含まれる可塑剤がガス化して出てき、固化しかけた油やアクリルと反応して絵具を局部的に溶かしたり、固化を阻害したりする

●一時輸送でも直接エアキャップに触れないように薄い紙か布をあてる

●額や木枠の上の辺を持たない。なぜなら角がいつとれるかわからない

 

私…やってはいけないこと全部してたかも…。

家の倉庫にある昔の作品とか誇り被ってるしビニールにかけてるかも。

エアキャップも大学の作品は直接くっつけてたなあ。(百貨店の作品は額があるためしません)

額運ぶとき上の辺もってたなあ。

 

反省。(猿のポーズ)

これからはしません。

 

今日はすごくためになりました。

勉強大事だ…描くばっかじゃだめですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

今日はお気に入りの画集をきっかけに北朝鮮のテロに巻き込まれる夢を見ました。怖かった。悪夢。

絵の保存方法粉もん編。&ロペス雑談。

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

全日在廊する予定です。お楽しみに(^^)

 

//////////////////////

 

今日も生きてます。

 

ちょっと遅れてしまいました。

元気に生きてますよ。

 

今日は絵の保存方法について。

 

美術館で絵はどのような環境で保存されているのでしょうか

●美術館が美術品を保存するための必要条件

温度20℃±2℃

湿度55%±5%

明るさ50ルクス以下

防湿ケースに入れカビ止め剤も封入

 

社会的評価の定まった絵を半永久的に保存する場合はこれを満たさなければならないそうです。

 

自宅では…無理ですね。人間の私より好待遇を受けてそうです。

画材の使い方や描き方のレクチャーはよくありますが、保存の仕方は意外と情報を目にする機会少ないですよね。描いた作品をどう保存するかを画材別にみていきたいと思います。お付き合いよろしくお願いします。

 

◆鉛筆木炭やパステルなど

構造としては紙のへこんでいる部分に色がついた粉がはまり込んでいる状態です。他の油絵や水彩と比べても定着が不安定です。予備校では木炭デッサンをよくしていましたが、息を吹きかけるだけで紙の上にのせた木炭の粉がどこかに行ってしまっていました。苦手だったな…。予備校の課題の他に宿題を出されて、よくアントニオロペスという画家のデッサンの模写をしてました。昔渋谷BUNKAMURAで個展していました。

こんな絵を描く人です。↓

f:id:akashiaya:20170617132535j:plain

今は違うかもしれませんが、描写的に描く作家といえばこの人という存在。

f:id:akashiaya:20170617132545j:plain

鉛筆です。

f:id:akashiaya:20170617133751j:plain

すごい…

f:id:akashiaya:20170617132603j:plain

身近なものを絵に描かれています。

私は模写しましたが、エッセンスを学ぶことができずあまり上達できませんでした。

 

個展を見に行きましたが、印象に残っている作品↓

f:id:akashiaya:20170617132623j:plain

お手洗いの絵ですが、どうか眉をしかめないでください。

スリガラスの表現を見てほしいのです。

f:id:akashiaya:20170617132633j:plain

この絵をみたときなんて執拗なんだろう…と驚きました。

会ったことないけど、ロペスっていう人は何かを抱えている…と感じました。

 

 

 

話がそれてしまいました。反省。

 

木炭や鉛筆やパステルは完成した後フィキサチーフというスプレーを画面に吹き付けます。糊の役割です。ですが正直フィキサチーフをかけたからと言って完全に粉は定着しません。(経験談)こすれて粉が混ざったり、濁ったり、紙を重ねるだけでふわふわと画面の粉は旅立ちます。気を付けないと、あのときどんな絵描いたっけ?と取り出すたびに違う絵になります。

 

絵画表現の仕組みによるとパラフィン紙やセロファンのような表面がなるべく平滑な紙で画面を包むように保管する。そして厚紙で挟みずれないようにする。

 

粉もん系の作品を飾りたいときは、額にアクリル板を使うと少しの摩擦で静電気から色の粉末を持ってかれてしまうそうです。しかし、ガラスがもし割れると作品傷つけることに…どちらを選ぶかはあなた次第。

アクリル板に帯電防止剤をつけるのもありです。スプレータイプで額縁屋さんや画材屋さんで購入できます。内側には使ってはいけないそうです。

 

パステルや木炭は心の中で粉もん系画材と命名してます。

繊細なので特に保管には注意です。

今日はロペスに話がそれてしまいました。

明日は違う画材を取り上げます。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

絵具の仕組み&埼玉新聞訪問

明石恵絵画展

【会期】8月23日ー29日

【会場】伊勢丹浦和店 プチギャラリー

 

個展があります。

DMなど制作中です…。

全日在廊する予定です。お楽しみに(^^)

 

//////////////////////

 

今日も生きてます。

 

f:id:akashiaya:20170616041938j:plain

先日埼玉新聞社に訪問しました。

画像は埼玉新聞社のロビーです。

昔の新聞や凧、埼玉新聞社マスコットキャラクターでもあるサイのぶん太くんのぬいぐるみなど飾られていました。

 

実は今までも二回ほど行ったことがありました。三回目です。

 

埼玉新聞で美術家を紹介し、その作家が絵を描いたエコバッグを無料プレゼントする連載があります。今回私も紹介して頂けることになりました。

 

何日か前にエコバッグの記事を描いたのですが、実はこのために描いてました。

akashiaya.hatenadiary.jp

 

まとめて何人か一緒の取材だったため久々に会う作家仲間と一緒に取材を受けてきました。

f:id:akashiaya:20170616043510j:plain

みんなで集合写真。楽しかったです。

 

ちなみに取材の様子

f:id:akashiaya:20170616041929j:plain

写真撮影

f:id:akashiaya:20170616041925p:plain

記者さんは1人1人丁寧に取材してくださいました。

ありがとうございました。

 

私の記事は八月に掲載して頂くのでまだまだ先ですが楽しみです。

 

さて、今日は絵具の仕組みについて軽く触れたいと思います。

昨日までは支持体キャンバスについて書いてきました。今日から絵具ゾーンに突入するわけです。

油絵具や水彩絵の具、日本画など、絵具っていろんな種類ありますよね。それらの違いや特徴がわかるようになれるブログを書いていきたいと思います。そして私も勉強していきます!

お付き合いよろしくお願いいたします。

 

絵具を簡単に説明すると

 絵具=顔料(色のついた粉)+接着剤  です。

 

キャンバスに糊で顔料をくっつけるのですね。

全ての絵の具はこういう風にできているそうです。どんな糊を使うかによって絵具の種類が変わります。

 

顔料の原材料は鉱石や土、炭などです。色が変わらないものを求めていくとこういうものになるそうです。顔料は鉱石などを細かーくだいたものとイメージすればいいんですね。

 

手元にある絵具をみてみると…

f:id:akashiaya:20170616051206j:plain

f:id:akashiaya:20170616051143j:plain

チタニウムホワイトという名前。

チタンが使われていることがわかります。

f:id:akashiaya:20170616051155j:plain

こちらはウルトラマリン

フェルメールの絵に効果的に使われるので有名かな。

ラピスラズリが原料です。

 

もとの顔料の材料が希少性の高いものだと絵具の値段も変わります。同じ容量でも絵具はランクで値段つけられてます。

 

そして私が今使っている絵具はクサカベさんの油絵具とアキーラです。

 

f:id:akashiaya:20170616051851j:plain

 

ボトルの裏をよーくみます。

わかりましたか?

そうです!

 

株式会社クサカベは埼玉の会社なんです!

埼玉に縁がありそうです。

 

とりあえず絵具は日本製のモノを使用しております。安心安全ですね。

akashiaya.jimdo.com