リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

狩野芳崖

今日も生きてます。

 

知識ゼロからの日本絵画入門を読んできましたが、とうとう近代に入ってきました。

 

今日は狩野芳崖(かのうほうがい)を紹介します。


f:id:akashiaya:20190423090808j:image

狩野芳崖の一生⚫

1828-1888

 






f:id:akashiaya:20190423095518j:image

不動明王

東京藝術大学重要文化財)1887年

 

 

誕生

狩野派の絵師の長男として山口県に生まれます。

 

 

幼少

父の後を継ぐべく画道に励みます。

少年時代の作品は10点近く現存しています。

 

19歳

父も学んだ木挽町狩野家に入門します。

 

御用絵師として

御用絵師として江戸と長府を往復する生活を送ります。

 

29歳

御用絵師として江戸と長府を往復する生活をします。

 

44歳

廃藩置県により失業します。

屋敷などを売って金銭で養蚕業をはじめますが、失敗します。

 

55歳

第一回国内絵画共進会でフェノロサが芳崖の作品「仁王捉鬼」を激賞します。

大人気になります。


f:id:akashiaya:20190423093301j:image

仁王捉鬼

東京国立近代美術館1886年

 

 

61歳

肺炎のため亡くなります。

 

 


f:id:akashiaya:20190423093454j:image

 

『悲母観音』

東京芸術大学蔵、重要文化財

 

上の「悲母観音」はフェノロサ狩野芳崖にイタリアの聖母の石板画を見せられたことがきっかけで描かれた作品です。

 

当時初孫が生まれてその成長を願っていました。右手に持った宝瓶からは浄水が流れ、赤ちゃんに注がれています。

 

この絵の背景には「人間の創造」や「母の愛」というテーマがあります。

 

この絵には印や落款がありません。

 

芳崖はこの作品を完成する前に肺炎でこの世を去りました。

 

 

⚫逸話⚫

 

芳崖の名前の由来は?

 

禅の「禅の極致は法に入れて法の外に出ることだ」という教えから、法外と音通の「芳崖」の号を使い始めた伝えられます。

 

 

廃藩置県後の生活は?

徳川幕府の御用絵師であった狩野派廃藩置県パトロンがいなくなります。

困窮ぶりはひどかったらしく、妻が荒物屋や内職で生計を立てていました。

 

フェノロサは芳崖を月給20円で雇い、近所に家まで与えられています。期待されていたんですね。

 

 


f:id:akashiaya:20190423094938j:image

伏龍羅漢(福井県立美術館)1885年

 

 

 

 

今日はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

広島で展示があります!


f:id:akashiaya:20190423095103j:image


f:id:akashiaya:20190423095114j:image

 

金銀箔展ー輝くマテリアルの世界ー

 

会期:2019年5月30日(木)ー6月5日(水)

   10:00-19:30(金・土20:00)

   最終日は17:00まで

会場:福屋八丁堀本店7階 美術画廊

 

○開催記念イベント○

 会場で作家が箔を貼る実演講座をします。

 日程

2019年6月2日(日)

14時―15時

 参加費無料

 

画像引用・参考

狩野芳崖 - Wikipedia

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

 

平安愛を描いた画家ー岡田為恭ー

今日も生きてます。

 

次の展示はゴールデンウィーク明けに広島です。

 


f:id:akashiaya:20190421194138j:image


f:id:akashiaya:20190421194146j:image

 

金銀箔展ー輝くマテリアルの世界ー

 

会期:2019年5月30日(木)ー6月5日(水)

   10:00-19:30(金・土20:00)

   最終日は17:00まで

会場:福屋八丁堀本店7階 美術画廊

 

○開催記念イベント○

 会場で作家が箔を貼る実演講座をします。

 日程

2019年6月2日(日)

14時―15時

 参加費無料

 

 

広島県の民話をもとに制作中です。

お好み焼きと牡蠣を食べるのが楽しみです。

 

 

さて、今日は岡田為恭(おかだためちか)を紹介します。


f:id:akashiaya:20190421194700j:image

「鷹狩・曲水宴図襖絵」のうち鷹狩図 2面

 

幕末に大和絵を復興しようとした画派がいました。

平安貴族の文化にまであこがれた…岡田為恭はその一人です。

 

 

⚫岡田為恭の一生⚫

1823-1864

 

誕生

狩野派の絵師の三男として生まれます。

両親は為恭が絵師ではなく、狂言師にするつもりだったそうです。

 

 

修行時代

特定の絵師に師事せず寺等に所蔵される古画の模写や古物の写生を重ねます。

そして国学者有職学者を訪ねて、古来のことを学びます。

 

 

17歳

絵の才能は開花し、89種もの絵巻物を模写していたそうです。

 

28歳

株を買うことで蔵人所衆(天皇の秘書的な存在)である岡田氏の養子になり、公家を名乗るようになります。

 

後に関白・九条尚忠に仕える人になります。

 

42歳

尊皇攘夷派に殺害される。

 


f:id:akashiaya:20190421201307j:image

源氏物語

 

逸話⚫

 

平安貴族のコスプレをしていた?

 

平安王朝の世界に憧れていた岡田為恭は、名前や身分を手に入れました。

時々公家の格好をして庭園を散策していたそうです。

 

 

 

 

勝手に公家の名前を使って怒られていた?

 

岡田為恭は作品に大きな落款を入れていました。

「大納言⚪⚪」

「藤原⚪⚪」

など、王朝関係者の名前を勝手に使い、各方面からしかられていたそうです。

 

また、為恭の母が公家の冷泉家に仕えた事があったという事実だけで公家の子でないのに「冷泉為恭」と名前を改め、これもまた怒られたそうです。

 

少し異常かなあ?(感想)

 

 

 

何故殺害されたのか?

 

岡田為恭は、「伴大納言絵巻」の模写のために所有者の京都所司代に近づいていました。

 

それを攘夷派につけ狙われてしまいました。

 

 

 

 

 

西洋のルネサンスではありませんが、日本の美術史の中でも大和絵が時代の中で何度か盛り上がるそうです。

 

乙女が西洋のお姫様に憧れるように岡田為恭は平安時代に憧れていたんだろうと思います。

 

手に入らないものを憧れるのって悲しいことだなぁ。

 

岡田為恭描く平安王朝は夢の国なんだろうと思います。

 

平安に執着した岡田為恭の作品は見てみたいです。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

画像引用・参考

冷泉為恭 - Wikipedia

 

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

 

 

 

 

佐竹曙山ー政治より絵!でも藩主!ー

今日も生きてます。

 

昨日の秋田蘭画の続きです。

 

秋田蘭画 - リアル絵描き日記

 

江戸時代、蘭学者・平賀源内から技法などを学んだ小野田直武が秋田の藩主、佐竹曙山や佐竹義躬に対し絵の指導を行った。この3人が中心になった一派が秋田蘭画と呼ばれるようになります。

 

 

今日は佐竹曙山(さたけしょざん)を紹介します。


f:id:akashiaya:20190420211637j:image

佐竹義敦像(天徳寺蔵)

上は本名でペンネームは曙山でした。

 

 

佐竹曙山の一生

1748- 1785

 

誕生

出羽秋田藩主の子供として、江戸の佐竹藩邸で生まれます。

 

11歳

家督を相続します。

第八代目藩主になります。

 

 

17歳

初めてお国入りの許可を得ます。

(レッツゴー秋田)

この頃の久保田藩では飢饉や農村の荒廃、佐竹騒動(経済政策の失敗)などにより藩政が混乱していました。

曙山は絵を書くことに安らぎを求めます。

 

 

26歳

平賀源内、小野田直武から洋風画を学びます。

 

31歳

日本初の西洋画論の本を書きます。

 

38歳

亡くなります。

 


f:id:akashiaya:20190420213536j:image

湖山風景図

 

⚫逸話など

 

癇癪もちだった?

平賀源内から絵の素晴らしさを讃えられる一方、癇癪もちで、家老を一度に30人あまりを罷免したことがあったそうです。

 

また、上屋敷を改築したさいには豪華な遊芸に散財し、藩の財政は貧窮の極みであったとか…

まるでマリーアントワネットみたいだ。

 


f:id:akashiaya:20190420214224j:image

竹に文鳥

 

小野田直武の作品は美術館で見たことありましたが、佐竹曙山の作品は見たことないです。

 

秋田蘭画というものがわかってなかったのですが、日本画の画材を用いながら技法やモチーフは西洋のものを選んでいます。

 

確かに日本画でありながら少し洋画のテイストが入った絵がなんだかとてもおしゃれ(粋?)に感じます。

 

今度秋田に帰ったら実際に見てみたいなあ。

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石恵Website

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

画像引用・参考

佐竹義敦 - Wikipedia

 

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

 

 

 

 

 

 

秋田蘭画

今日も生きてます。

 

秋田蘭画というものをご存じでしょうか?

江戸時代に秋田で少し流行った絵の派閥です。

 

 

 

江戸時代の鎖国中にもオランダとは交流がありました。

 

蘭学が盛んになると洋画への関心も高まります。

 

最初に洋画を研究したのは蘭学者平賀源内(ひらがげんない)です。


f:id:akashiaya:20190419180458j:image

平賀鳩渓肖像
木村黙老著『戯作者考補遺』(写本)より

 

↑粋な肖像画ですね。

 

 

 

1773年に出羽秋田藩の佐竹義敦に招かれ、平賀源内は秋田に向かいます。

 

そこで鉱山開発の指導を行い、また秋田藩士小田野直武に蘭画の技法を伝えました。

 

 

そこから秋田蘭画の一派がつくられていくわけです。

 

ちなみに小田野直武(おだなおたけ)の描いた作品↓


f:id:akashiaya:20190419181401j:image

小田野直武『東叡山不忍池

(1770年代)

 秋田県立近代美術館所蔵

 

 


f:id:akashiaya:20190419181432j:image

小田野直武『児童愛犬図』(1770年代)

秋田市立千秋美術館所蔵

 

 

 

小田野直武が平賀源内から洋画を学ぶエピソードとして有名なものがあります。

 

以下引用です。

源内は直武に西洋画を教えた。この際、「お供え餅を上から描いてみなさい」と直武に描かせてみせ、輪郭で描く日本画では立体の表現は難しく、西洋絵画には陰影の表現があるのでそれができると教えたという逸話がよく知られているが、これは後代の創作との見方が強い。源内自身は「素人としては上手」という程度の画力であるが、遠近法、陰影法などの西洋絵画の技法を直武に伝えた。

小田野直武 - Wikipediaより引用

 

この餅の話、人生で10回ほど聞かされました笑

(知ってるのにオチは違うかもと思って最後まで聞いてしまうのが私の悪いところです。)

 

秋田生まれというと教えたくなるんでしょう。

 

西洋画の遠近法の方に慣れ親しみ、日本画の奥行きや立体の表現に新鮮さを感じるので餅の話を聞いてもなんとも思わないんだよなー。

 

 

 

話は戻ります。

 

小田野直武は杉田玄白らによる『解体新書』の

絵を描いたことでも有名です。


f:id:akashiaya:20190419182659j:image

 

 

玄白と源内は親友であり、源内が小田野直武を紹介したのではないかとおもわれます。

 

 

直武は『解体新書』の序文に「下手ですが、断りきれないので描きました…」といった謙虚なことを書いているそうです。

 

人柄がわかりますね。

 

 

その後小田野直武は秋田藩主にも絵の指導をするようになります。

そして才能が開花したのが佐竹曙山でした。

 

佐竹曙山についてはまた明日。

 

 

今日はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

エキセントリック曾我蕭白

今日も生きてます。

 

親指の爪をパレットがわりにしてしまい、今描いている作品と同じ色になってしまいました。



f:id:akashiaya:20190417163014j:image

 

意味なく大仏様とツーショット(?)です。

 

 

さて、今日は奇想の系譜展でも展示されていた曾我蕭白(そがしょうはく)を紹介します。

 


f:id:akashiaya:20190417164117j:image

美人図

 

曾我蕭白の一生

1730ー1781

 

誕生

詳しくはわかってないが、京都に生まれたという説があります。

 

10代

両親・兄弟をなくします。

 

29歳頃

伊勢を旅行します。

 

 

42歳頃

京都に居をかまえる。

 

52歳

亡くなる。

 

 


f:id:akashiaya:20190417164905j:image

蝦蟇・鉄拐仙人図 ボストン美術館

 

⚫逸話など⚫

 

旅先でまるで落語のような伝説の数々を残した?

 

旅先で空腹のあまり倒れ、ごはんのお礼として絵を描いた、

 

 

浄光寺に1年ほど滞在していたとき、絵を描こうともせず、毎日本堂に行っては昼寝ばかりしていた。

朝食もとらずに本堂に籠っていたが、昼になっても夜になっても出てこないので不思議に思って本堂へ行ってみると、壁面に「六羅漢」の図、欄間には「葡萄」の図が描いてあり、蕭白

の姿はなかった、

 

 

などなど、キテレツな逸話をたくさん残しました。

 

 

 

 

 

嘘つきだった?

 

藤原鎌足の子孫だとか、中国皇帝の末裔だとか、いろいろなことを言っていたそうです。

 

 

外国受けした?

 

明治時代、フェノロサの友人であるビゲローが、曾我蕭白のよさを日本人がわからないうちにどんどん購入し、曾我蕭白の作品はボストン美術館にたくさんあります。

 


f:id:akashiaya:20190417170320j:image

虎渓三笑図 

インディアナポリス美術館蔵

 

 

奇想の系譜展でみましたが、大胆な構図や色、造形にも関わらず、細部は執拗な描写が施されています。

 

お酒をのみながら描いていたそうですが、本当かい?と思います。

 

色々なモチーフに合わせてたくさんのタッチを使いこなしているのが衝撃でした。

 

 

江戸時代から受け入れられていたそうですが、こんな絵を受け入れていた江戸の人たちもすごいなあ。

 

 

円山応挙には対抗心を剥き出しにしていたそうです。

 

近づいたら噛みつかれそうなので遠くから眺めたい人ですね。

 


f:id:akashiaya:20190417170947j:image

唐獅子図

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石恵Website

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

画像引用・参考

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

曾我蕭白 - Wikipedia

妃香利さんの個展と伊藤若冲

今日も生きてます。

 

日本橋丸善で開催中の妃香利さんの個展におじゃましました。


f:id:akashiaya:20190415212829j:image

妃香利さんの作品の前でどや顔をする私です。

結構大きい作品で驚きました。

 

猫に対してクールな私ですが、妃香利さんのこの猫はかわいくて大ヒットでした。


f:id:akashiaya:20190415213029j:image

 

今回は絵の取材のためにイギリスまで行かれたらしく、日本とは違う湿度の風景画を描かれていました。

 

ひかりさんの昔の個展を思いだし、あの頃は妃香利の公園って言うテーマだったなあ…

ついにひかりさんの公園が世界へ広がっているなあと変にしみじみしていました。

 

個展は明日まで!

 



f:id:akashiaya:20190415213627j:image


f:id:akashiaya:20190415213637j:image

 


f:id:akashiaya:20190415213646j:image

 


f:id:akashiaya:20190415213657j:image

 

 

 

 

 

 

今日は鶏と言えばこの人、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)を紹介します。


f:id:akashiaya:20190415150953j:image

若冲居士像 相国寺

 

伊藤若冲の一生

1716 年- 1800年

 

誕生

青物問屋「枡屋」の息子として京都に生まれま。

流通業者のような家業であったらしく、生産者や仲買・小売の商人に場所を提供して売場の使用料を集めていたそうです。

 

23歳

父が亡くなり、4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名します。

 

40歳

家督を弟に譲り、家業から解放されます。

 

50歳

動植綵絵」を相国寺に寄進します。

 

85歳

京都で亡くなります。

 



f:id:akashiaya:20190415221245j:image

プライス・コレクション

「紫陽花双鶏図」

 

⚫逸話など

 

絵以外興味ナシ?

 

若冲は世間の事には全く興味を示しませんでした。

商売、芸事、酒、も興味ナシ。

生涯独身で頭を丸めて仏門に帰依したそうです。

 

 

家業の八百屋の旦那としてとあまり振るわず、家業を放棄して2年間丹波の山奥に行ってしまっていたときもあったとか…

 

 

それにしても何故ニワトリ?

 

鶏は時を告げる鳥とされ吉祥の意味合いがあります。

 

若冲は数十羽の鶏を飼い、写生していました。

 

狩野派の絵を学んでも狩野派にしかならない。中国の名手に学んでも越えることはできない。山水や麒麟を描いても仕方がない。ならば身近な動植物を…」

 

ということで鶏をかいていたそうです。

 

 


f:id:akashiaya:20190415220540j:image

動植綵絵』の内「群鶏図」

 

上の作品は鶏愛なくては描けない絵ですね。

 


f:id:akashiaya:20190415220729j:image

 

動植綵絵』の内「南天雄鶏図」

 

 

 

若冲の作品を見ると鶏ってカッコ良かったのかと気づかされます。

 

とても高価な絵の具をふんだんに使っているそうです。絵からくる圧がすごい。

 


f:id:akashiaya:20190415220915j:image

仙人掌群鶏図(西福寺)

 

 

 

今日はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石恵Website

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

画像引用・参考

伊藤若冲 - Wikipedia

 

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

最後の浮世絵師ー血まみれの芳年ー

今日も生きてます。

 

仏像の本を読みました。


f:id:akashiaya:20190414152359j:image

仏像ってどこが何を意味しているかわからなかったので勉強になりました。

 

ショックだったのは仏教の経典には基本的に女性を救う道はないというところ。

 

なんと!

がーん…

 

しかし法華経には女性(※とは言っても男性に生まれ変わってかららしい)も往生できるとはっきりしめされているそうです。

 

法華経を信じる人のところには普賢菩薩が現れると言われています。

 


f:id:akashiaya:20190414151410j:image

普賢延命菩薩像(パリ、ギメ美術館)

 

普賢菩薩は六つの牙を持つ白い象に乗って迎えに来てくれるそうです。

 

平安貴族の女子たちの間ではこの普賢菩薩が大人気でした。

 

女子は象に乗った菩薩の仏像に会ったら全力で祈りましょう!

 

 

さて、今日は月岡芳年(つきおかよしとし)についてみていきます。


f:id:akashiaya:20190414185713j:image

 

血みどろ芳年という怖い異名を持つこの浮世絵師は、残虐シーンだけではなく、偉人の連作や美人画の作品など、多くの傑作をつくりました。

私が血のある絵が苦手なのであまり今回ブログではあまり残虐な絵は載せません。

 


f:id:akashiaya:20190414185828j:image

 

 

月岡芳年の一生

1839年ー1892年

 

誕生

商家・吉岡家の次男として江戸に生まれる。

 

後に画家の家系・月岡家の養子になる。

 

12歳

浮世絵師・歌川国芳に入門する。

 

15歳

錦絵デビュー

 

28歳

兄弟子との合作で歌舞伎における残虐シーンを描いた連作「英名二十八衆句」で人気絵師になる。

血まみれ芳年といわれるようになる。


f:id:akashiaya:20190414190729j:image

 

37歳

錦絵新聞の製作をはじめる。

 

54歳

亡くなる。

死因は不明。

 


f:id:akashiaya:20190414190351j:image

 

 

月岡芳年の連作

 

芳年は連作をたくさん制作しました。

どんなものを描いていたのか、一部を紹介します。

 

「通俗西遊記


f:id:akashiaya:20190414192739j:image

黄風王 孫悟空

 

 

「和漢百物語」

妖怪画のシリーズ

日本と中国の怪談をモチーフにしています。


f:id:akashiaya:20190414192927j:image

酒顛童子

 

「一魁随筆家」

和漢の物語の主人公のシリーズ。

しかし人気は微妙でした。
f:id:akashiaya:20190414193236j:image

犬塚信乃 犬塚見八

 

「雅立功名鑑」

武蔵坊弁慶武田信玄など、歴史に名を残した武将の若い頃の姿を描いたシリーズ。


f:id:akashiaya:20190414193528j:image

白菊丸

 

 

大日本史略図絵」

日本神話から今まで…歴代天皇のシリーズ。
f:id:akashiaya:20190414193744j:image

安徳天皇 (部分)

 

 

芳年略画」

シリアスなものだけでなく、ユーモア溢れる連作も手掛けていたようです。

f:id:akashiaya:20190414193956j:image

 

 

芳年武者无類」

歴史的な英雄を描いた33枚のシリーズ。

ここらへんのシリーズ移行は色味が落ち着いていて見やすい。(個人的意見)
f:id:akashiaya:20190414194135j:image

遠江北条時政

 

 

「大日本名将鑑」

天照大神から徳川家光までの歴史上の偉人を描いているシリーズ。


f:id:akashiaya:20190414194446j:image

上毛野八綱田

 


芳年漫画」

二枚続の錦絵で噂話などを画題にしたシリーズ


f:id:akashiaya:20190414195141j:image

土蜘蛛と精と酒田公時

 

 

「月百姿」

月にちなんだ話を取り上げたシリーズ

f:id:akashiaya:20190414195243j:image

むさしのの月

 

「風俗三十二相」

江戸から明治の女性の半身像を描いたシリーズ。


f:id:akashiaya:20190414195532j:image

海老の天ぷらがうまいぜ…の顔。↑

 

 

「新柳二十四時」

芸者の一日のようすを一時間ごとに描いているシリーズ。

警察密着24時みたいだ。


f:id:akashiaya:20190414195909j:image

午前二時

 

深夜まで続いた宴会が終わり、飲み過ぎた芸妓が鉄瓶から直で白湯を飲んでます。

行儀悪いけど魅力的。

 

 

新作の錦絵が売れるか売れないかで一喜一憂する日々だったそうです。

スランプに陥り、一年に一枚しか作れない年もあったそうです。

 


f:id:akashiaya:20190414200309j:image

藤原保昌月下弄笛図

 

 

晩年にいくにつれてどんどん表現が洗練されていくのがわかります。

とにかくかっこいい。(血みどろ系は怖いけど)

模写したくなる服のシワと構図です。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石恵Website

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

画像引用・参考

普賢菩薩 - Wikipedia

月岡芳年 - Wikipedia

 

知識ゼロからの日本絵画入門

幻冬舎 安河内眞美

 

傑作浮世絵コレクション

月岡芳年 

血と怪奇の異彩絵師

河出書房新社 小野寺優