リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

知覚の芸術

今日も生きてます。

 

家で電波が通じません。雨だからかな?たまに電話でメールが届きませんみたいな話になります。そして外出した後に相手の方に大量に同じ文面のメールが届くことになります。ごめんなさい。たぶん夏に人間に怖がられなかった幽霊のせいです。

 

 

今日はひきつづきだまし絵の作家を紹介したいと思います。「視覚芸術の巨匠たちー世界のだまし絵作家20人の傑作集ー」創元社アルセッケル著から紹介しております。

今日はサンドロ・デル=プレーテさんの作品です。

 

「世界は本当に私たちが見ているようなものなのだろうか?」と問い続けながら制作しているそうです。かっこいいですね。

 

f:id:akashiaya:20170923054417j:plain

f:id:akashiaya:20170923054424j:plain

 

f:id:akashiaya:20170923054435j:plain

f:id:akashiaya:20170923054441j:plain

f:id:akashiaya:20170923054449j:plain

f:id:akashiaya:20170923054455j:plain

f:id:akashiaya:20170923054502j:plain

f:id:akashiaya:20170923054507j:plain

f:id:akashiaya:20170923054515j:plain

f:id:akashiaya:20170923054520j:plain

f:id:akashiaya:20170923054526j:plain

f:id:akashiaya:20170923054531j:plain

f:id:akashiaya:20170923054536j:plain

f:id:akashiaya:20170923054542j:plain

f:id:akashiaya:20170923054547j:plain

f:id:akashiaya:20170923054553j:plain

 

全部面白いですよね。絵としても素敵だな。

びんの作品はどこかでみたことがあります。

 

 

一つの一つのアイディア自体も面白いけど演出方法も丁寧でいいですね。

 

1937年スイス生まれの作家さんです。商業学科の学校を卒業した後、素描と絵が大好きで23歳を過ぎてから美術の学校き、それからは家族のために保険事業で働きながら制作を続けていたそうです。

 

f:id:akashiaya:20170923054430j:plain

 

エッシャーのシャツ着ている人じゃないかな。

 

作品を発表していくうちに成功をおさめ、スイスに自分のイリュージョンをテーマとしたビックリハウスとアートギャラリーをつくったそうです。面白そうですね。

 

 

絵って宗教や花鳥風月だけではなくて知覚の限界を研究することもできますね。だまし絵見てると絵に対する考え方が変わってきます。

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com

 

ダリの世界

今日も生きてます。

 

最近やっと個展のバタバタと疲れが取れてきました。小学校(中学校だったかな)の時に先生が10月は生徒がやる気出てくる季節と言ってました。今年もう少しで終わっちゃうよ!ということにみんな気がつき始めるのかな。私は今気がつきました。あと三か月とちょっとですね。悔いが無いように生きたいです。

 

 

今日はダリの作品をみたいと思います。お付き合いよろしくお願いいたします。

作品は採り上げませんでしたが以前ダリの写真について書きました。

サルバドール・ダリ - リアル絵描き日記

 

ダリは時々自分の「偏執的な」絵は二重の意味を持つイメージをつくるジュゼッペアルチンボルドとある種の類似点ががあると公言していたそうです。

 

どんな作品なのかというと…

 

 

f:id:akashiaya:20170922055155j:plain

「偏執狂的な顔」

 

f:id:akashiaya:20170922055148j:plain

「大いなる偏執狂」

 

f:id:akashiaya:20170922055144j:plain

「海辺に出現した顔と果物鉢の幻影」

f:id:akashiaya:20170922055139j:plain

「ヴォルデールのみえない胸像」

f:id:akashiaya:20170922055134j:plain

「乳母の背中に現れた神秘的な口」

f:id:akashiaya:20170922055126j:plain

「幻覚剤的闘牛士」

 

ダリで有名といえば時計が溶けている作品とこの作品ではないでしょうか。

この作品ではほかの作品のように繰り返されるヴィーナスのイメージから闘牛士の顔が出てくるらしいです。しかし私はヴィーナスしか見えない…なぜだ!

f:id:akashiaya:20170922055205j:plain

「ガラの栄光ある三つの謎(第二版)」

f:id:akashiaya:20170922055200j:plain

 

この作品はぼんやり眺めて左右の絵の真ん中に第三のイメージが現れるようにすると三次元の像が見れるようです。

たまに二枚並んだ絵を特殊なレンズを通してみると立体的に見えるものとか雑貨屋さんにありますが、それをハンドメイドで表現したんですね。ダリは絵の中の視覚や知覚におおきな興味を持って作品を制作していたんだなあとこれらの作品をみるとよくわかります。

 

正直あんまり好みではないなあと思っていて、奇抜な作品を描いている人という(たぶん間違ってはいない)イメージでしたが、制作への意欲は視覚知覚へ探求心から生まれてたのかなと思います。何回か本物の作品をみたことがありますが、めちゃくちゃうまかったです。妻であるガラをモチーフにした作品で、絵肌がきれいで心の中でさすが巨匠…とつぶやきました。

 

 

 

きょうはここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

だまし絵の歴史

今日も生きてます。

 

ほぼ毎日ブログですが行間からなにかわかりますか?書いてる本人としては自覚無しです。

 

 

前々回あたりでだまし絵の用語について紹介しました。今日は簡単に歴史を見ていきたいと思います。お付き合いよろしくお願いいたします。

 

トロンプルイユ(観客をほんの瞬間にでも欺いて、作家の虚構の再現が本物だと信じさせる美術作品の事)としての美術作品はの形式は古代ギリシャに発生し、ローマ人によって広く利用されました。暗黒時代には忘れ去られ、ルネサンスに復活しバロック時代には再び盛んになりました。

f:id:akashiaya:20170921031650j:plain

 

アナモルフォーシス(あるイメージを大きく歪めるというプロセスを含み、元のイメージはある一つの視点から見るか鏡に映ったときに現れる作品。)の作品の形式で最初の作品はレオナルドダヴィンチの目のデッサンです。16世紀ー17世紀にかけてアナモルフォーシスは非常に人気が出ました。アナモルフォーシスの作品で有名なものはヘンリー八世の宮廷画家ハンスホルベンが描いた作品「大使たち」です。

 

f:id:akashiaya:20170921031645j:plain

 

 

画面の中には明らかに不自然なものがありますね。これを斜めから見るとこれが現れます。

f:id:akashiaya:20170921031634j:plain

 

この作品はジャンドダントビルのお城の階段にかかっていました。階段を上っていくとちょうど頭蓋骨が見えてくる使用になっていました。

 

もう一つの意味をイメージの中に隠す手法はダブルイメージでも使われました。16世紀はイタリアの画家ジュゼッペアルチンボルドが後世の画家にたくさんのインスピレーションを与えました。

 

ジュゼッペアルチンボルドの影響があると言われるダブルイメージの作品。

マティアスメリアン「擬人的キャンバス」

f:id:akashiaya:20170921031629j:plain

作家不詳「変容する風景」

f:id:akashiaya:20170921031639j:plain

 

ダブルイメージの作品は18-20世期にかけて非常に人気でたくさんのものがつくられ、模倣品が広告として出回りました。

 

 

ダブルイメージで有名なもの

「道化の愛」

f:id:akashiaya:20170921031624j:plain

チャールズEギルバード「すべては虚飾」

f:id:akashiaya:20170921031612j:plain

だまし絵で有名な作品

作者不詳「若い女/老婆」

f:id:akashiaya:20170921031618j:plain

心理学者のエドウィンボーリングがこのイメージを借用し「ボーリングの図形」として知られました。

f:id:akashiaya:20170921031607j:plain

ゲシュタルト心理学エドガールビンは19世紀のパズルカードのイメージを借用して「隠れた顔と杯」をつくりました。

 

アメリカのパズルカード

f:id:akashiaya:20170921031602j:plain

 

エドガールビン「隠れた顔と杯」

 

f:id:akashiaya:20170921031655j:plain

 

よく心理学の教科書で使われるようになります。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

万華鏡は奥が深い

今日も生きてます。

 

晴れてます。いい日です。

 

 

先日姉たちと一緒にぶらりと渋谷Bunkamuraで開催中の万華鏡展に立ち寄りました。とても人が多くて会場の外まで人がずらりと並んでいて驚きでした。そんなに待つこともなく入ることができました。

 

万華鏡の覗いた中は写真NGですが、外観は写真OKだったので印象的だったものを何枚か紹介します。

f:id:akashiaya:20170919091753j:plain

万華鏡からインスピレーショを得たドレス?近未来的でした。パレードとかで活躍しそうですね。

 

f:id:akashiaya:20170919091809j:plain

これも近未来的な外観の万華鏡。かっこいい!でも中を覗くとうっとりする景色が広がっていました。

 

f:id:akashiaya:20170919091816j:plain

こんなかわいいのも万華鏡なの?というような万華鏡。飼いたいです。

 

f:id:akashiaya:20170919091823j:plain

いろんなかたちのものがありました。

f:id:akashiaya:20170919091831j:plain

ネコです。もはや彫刻の域です。

 

 

 

ただの筒状の物だけではなく、写真にあるようにたくさんの作家がいろいろなかたちやアイディアで作品をつくっていて面白かったです。もちろんすべて覗くことができて、中には一つ一つちがう宇宙が広がっていくような感じでした。中身も一つ一つ違うのがとても面白かったです。私が想像していたような簡単な万華鏡は無かったなあ。とにかく覗いた中が本当に美しくて、姉妹でこれ見てみなよーと言い合いながら盛り上がっていました。アナログな感じがいいですよね。顕微鏡のような大きさの万華鏡が会場にあり、ついている小さなつまみを回すと中の光景がゆっくりと変わるものがありました。(写真撮ってなかった…)中世の貴族の貴婦人がお部屋において楽しんでいそうな上品でとかく素敵で良かったです。一台欲しいと思いました。銀座に万華鏡のギャラリーがあるみたいですね。

 

 

 

万華鏡は奥が深い。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

現代日本画三人展

今日も生きてます。

 

うまくいってないなあと思うとよく見る夢があります。母と姉と怒ったところを見たことがない優しい人間にめっちゃだめだしされる夢です。今日はめちゃくちゃ怒られる夢でした。あと私がしたことを全部後からやり直される(掃除)。気を引き締めなければ…。

 

 

たまプラーザで開催中のー伝統をこえてー現代日本画三人展に行ってまいりました。出品している作家さんは全員日本画なんですが、画材は同じでもそれぞれ描き方やテーマが違うせいか違う印象でした。不思議―。

f:id:akashiaya:20170918060737j:plain

f:id:akashiaya:20170918060741j:plain

 

 

 

 

佐藤さんの桜は写真みたいで普通の日本画の遠近法とは違い新鮮でした。そして…めちゃうまでした。巨匠の香りがしました。巨匠なのに私の展示も毎回いつもわざわざ足を運んでくださるお方です。今日はイベントでぼかしの技法を実演されるようです。ぜひ会場でみてください!

 

 

小笠原さんはちょうど私が行ったときにイベントがあり、下地の作り方や箔の貼り方を実演なさっていました。背景に箔が揺らめく花や金魚がすてきでした。

f:id:akashiaya:20170918060903j:plain

f:id:akashiaya:20170918060910j:plain

f:id:akashiaya:20170918060917j:plain

緊張されてると言いながらどんどん箔を貼っていました。大学の授業で震えながら箔を貼っていた私とは大違い!

 

 

中上さんは動物や花をモチーフにしてかわいい絵を描かれていました。絵の世界観がわたしの好みのストライク!という感じでわくわくしながらみていました。図々しく写真を撮らせていただきました。

f:id:akashiaya:20170918061426j:plain

 

猿をモチーフにしてこんなにかわいい絵みたことないよ!かわいい!

f:id:akashiaya:20170918061432j:plain

題名も素敵でした。

f:id:akashiaya:20170918061438j:plain

と思ったら艶っぽいサクラの絵も発見。

f:id:akashiaya:20170918061447j:plain

うさぎが好きです!

 

かわいいです!(全力)

 

20日まで東急百貨店たまプラーザ店四階美術画廊で開催されているので、ぜひ足をはこんでみてください。作家さんみんな(巨匠なのに)素朴で気さくで素敵な方なので何でも話してくれます。

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com

だまし絵の用語

今日も生きてます。

 

ビルとビルの隙間を見ていたらサーカスが始まって、ピエロが空から降ってきました。売店で買ったチョコレートのをかじるとあんまり甘くなくておかしいなあと思い包みをよく見てみたらごぼう味のチョコでした。

という夢を見ました。雨ですね。るんるんですね。

 

今日もお付き合いよろしくお願いいたします。

 

昨日のブログに書いたアルチンボルド展は正しくは24日まででした。あと図版の画像をたくさん載せましたがどれも実物の方が百倍良いです。

 

アルチンボルドのような作品のことをトロンプルイユ(フランス語で目をだますという意味)と呼んだそうです。見た人の目を欺いて作家の虚構を本物だと一瞬でも信じさせる美術作品の事を指します。

 

今日はいくつかだまし絵の用語を紹介したいと思います。(というよりも私のノートですね。)

 

●トロンプルイユ

観客をほんの瞬間にでも欺いて、作家の虚構の再現が本物だと信じさせる美術作品の事

(フランス語で目をだますという意味)

 

 

●アナモルフォーシス

あるイメージを大きく歪めるというプロセスを含み、元のイメージはある一つの視点から見るか

鏡に映ったときに現れる作品。

(ギリシャ語で形を変えるということを意味し、17世紀につくられた)

 

●ダブルイメージ

二つのイメージを喚起する一つの絵や図。

(二重像)

 

●ネプチカルアート/オップアート

数学的に並んだ形態で通常は抽象的で、単純な形や色彩の繰り返しによる振動の効果や、モアレパターン、奥行の誇張…などの視覚効果を使った作品。

 

 

何回かだまし絵についてみていきたいと思います。

 

ちなみにトロンプルイユの最高傑作として紹介されている天井絵。すごいです。↓

 

f:id:akashiaya:20170917103409j:plain

 

 

今日はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました

akashiaya.jimdo.com