リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

フランダースのあの絵

今日も生きてます。

展示のお知らせから。

 

 

☆展示のお知らせ☆

「ほっと展」


絵だけではなく工芸作品やジュエリーなども展示されます。

クリスマスプレゼントにもおすすめです。

 

会場 秋田アトリオン三階
会期 12/22-12/24

時間 10:00-19:00 f:id:akashiaya:20171209054907j:plain

 

 

 

お近くの方ぜひお越しくださいね。

 

 

 

さて、今日はフランダースの犬です。

中学校の頃おじいちゃんの家に引っ越ししたさいに小学館から出ている「少年少女世界名作文学集」(全50巻)があり読んでいました。有名な世界の名作200余りが収録されています。暇だったのか友達がいなかったのか覚えてはいませんが確か全部読みました。

 

その中にフランダースの犬が収録されていました。ほんの数ページの話なんですが読みながらめちゃくちゃ泣きました。感動のあまり友達に(あ、友達いた)教えて友達も泣かせました。テレビの感動させる意図のある番組も泣ける感動系の映画も苦手ですが、フランダースの犬は好きです。

 

 

あらすじ

アントワープ郊外の小さな農村の外れに住む15歳の少年ネロ は、正直な寝たきりの祖父イェーハン・ダース老人  、忠実な老犬パトラッシュ(黄色の毛並み、立ち耳の大型犬。金物屋にこき使われたあげく捨てられていたところを、イェーハンと幼少のネロに保護され、以来飼育されている。)とともに暮らす。ネロは貧しいミルク運搬業で糊口をしのぎながらも、いつか画家になることを夢見ており、アントワープの聖母大聖堂の二つの祭壇画を見たいと心に望んでいた。それはアントワープはもとよりベルギーが世界に誇る17世紀の画家ルーベンスの筆によるもので、見るためには高価な観覧料を必要とするため、貧しいネロには叶わぬものであった。

ネロの唯一の親友は、風車小屋の一人娘である12歳の少女アロア (Alois) [3]であったが、アロアの父であるバース・コジェ (Baas Cogez) は家柄の低いネロのことを快く思わず、遠ざけようとする。さらにネロは新しく街から通いはじめたミルク買い取り業者に仕事を奪われた上、風車小屋の外縁部と穀物倉庫を全焼する火事(風車と居住区は無事)の放火犯の濡れ衣を着せられ、そしてクリスマスを数日後に控えた日に優しかった祖父を亡くし、楽しいはずのクリスマスの前日に家賃を滞納していた小屋からも追い出されることになってしまった。

クリスマス前日は、街で開かれている絵画コンクールの結果発表日でもあった。倒木に腰掛ける木こりのミシェル老人 を白墨で描いた渾身の力作で応募していたネロは、優勝すればきっと皆に認めてもらえるようになるとコンクールに全ての望みを賭けていたが、結果は落選だった。

傷心のネロは厳しい吹雪の中、村へ向かう道でパトラッシュが見つけた財布を持ち主の風車小屋に届けるが、それは風車小屋一家の全財産であった。ネロはパトラッシュを一家に託すと再び雪夜の闇の中に飛び出して行ってしまう。財布が見つからずに絶望して帰宅したバース・コジェは今まで行った数々のひどい仕打ちを悔やみ、翌日ネロの身元を引き受けに行くと決心[4]する。さらに翌日には、コンクールでネロの才能を認めた著名な画家が彼を引き取って養育しようとやって来た。

だが、何もかもが手遅れだった。全てを失ったネロは大聖堂へ向かい、パトラッシュもネロを追って風車小屋から大聖堂へ駆けつける。するとこの時、雲間から射した一筋の月光が祭壇画を照らし出し、ネロの念願は果たされるとともにネロは神に感謝の祈りを捧げた。かくてクリスマスを迎えた翌朝、アントワープ大聖堂(聖母大聖堂)に飾られた憧れのルーベンスの絵の前で、愛犬を固く抱きしめたままともに冷たくなっている少年が発見される。村人たちは悔いつつも、教会の特別な計らいの下に犬とともに少年を祖父の墓に葬ったのだった。

(フランダースの犬 - Wikipedia)

 

アニメではネロがルーベンスの絵を見た後にパトラッシュに話しかけます。

「パトラッシュ疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ。パトラッシュ…」

有名ですね。テレビでこのシーンだけやたら見た気がします。

 

 

個人的に気になるのはネロが憧れていたルーベンスの絵はなんぞやというところです。フランダースの犬を一緒に読んでくれた友達とは「ルーベンスの絵はまだ見たくない(=まだ死にたくない)」が一時期合言葉になっていました。講評の締め切り前とかね。

 

 

アントワープ聖母大聖堂に飾られているルーベンスの絵は、『キリストの降架』『キリスト昇架』『キリストの復活』『マリア被昇天』。19世紀後半から20世紀前半はキリスト降架と昇架にだけ布がかかっており、拝観料がないとみることができなかったそうです。

画像はキリスト降架。
ネロが教会に行ったときだけ布がめくれて絵を見ることができます。

 

 

見に行きたいなあ。

フランダースの犬の物語が有名なのは日本で、物語の舞台になった町では知名度低いようです。教会前に日本人観光客用にフランダースの犬の石碑(トヨタ寄贈)があります。

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

クリスマスキャンドル

生きてます。

 

ゴッドファーザー2を見て主人公マイケルの名言が忘れられません。

 

 

クリスマスのイラストを考え中です。クリスマスの天使を描きたいと思っています。

f:id:akashiaya:20171211061750j:plain

時間に追われつつ制作です。

 

制作のためにいろいろとクリスマスについて調べていたらクリスマスキャンドルは奥が深い…クリスマスの四週間前から日曜日になったら一本ずつともしていくそうですが、一本一本名前(!)があるそうです。こうゆうこと調べてると制作滞っていきます。

 

ということで簡単ですが今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

akashiaya.jimdo.com

風にそよぐワイングラス

生きてます。

 

 

秋田に帰った際に母に秋田市新屋ガラス工房に連れて行ってもらいました。母によると風にそよぐワイングラスというものが展示されているということ。

私はテレビを全く見ないので知りませんでしたが、秋田のガラスの作家さんがNHK(合憲)の番組の中で風にそよぐワイングラスというものをつくったそうです。

「風にそよぐワイングラス」とは

120年前に亡くなったイタリア・ベニスのガラス職人ジョゼッペ・バロビエール氏が制作した世界に一本しかないワイングラス。制作が不可能と言われている「風にそよぐワイングラス」を復元したものです。

 

 秋田市新屋ガラス工房HPより

(「風にそよぐワイングラス」を公開展示 | 秋田市新屋ガラス工房

)

 

 

f:id:akashiaya:20171207041520j:plain

f:id:akashiaya:20171207041558j:plain

 

きれいな施設でした。中にはガラス作家さんの作品がたくさんありました。それぞれ個性的で素敵でした。

f:id:akashiaya:20171207041502j:plain

 

 

展示室の奥の方に噂のワイングラスがありました。

f:id:akashiaya:20171207041605j:plain

f:id:akashiaya:20171207041612j:plain

 

持つところがすごいことに…展示されているところはガラスケースの中なので風にそよいでいるところは見れませんでしたが、素人でも繊細さがわかりました。いや…風にそよぐとこみたかったな。

 

 

施設がきれいで気持ちよかったです。個人的に思うのですが、工芸の職人さん系の方々っておしゃれできれいで清潔なイメージがあります。(アトリエとか)生活に根差したものをつくられているからだと思いますが、身の回りの環境を彩るのが上手というか…椅子とか机とかさらっとつくられるし、ものをつくって素敵な空間も作っているというか…工芸系の先生ってみんな素敵なんですよね。

 

それに引き換え絵画系のアトリエは埃がかぶっていて汚くて…いつかの食器が転がっていて…誰かの脱ぎ捨てた作業着と靴が端の方にまるまっていて…この話やめよう。

 

 

余談ですが久々に秋田駅に寄ったらお土産屋さんのコーナーに飲み比べのお店ができていました。お酒が好きな画家仲間に誘われ飲み比べ。

 

 

f:id:akashiaya:20171207041535j:plain

 

私はお酒に弱すぎて全部飲めませんでしたが楽しめました。秋田のお土産をその場で買ってつまみにしながら飲めます。

場所は秋田駅改札出てすぐのトピコというお土産屋さんの中にあります。

 

しかしこの後新幹線に乗り東京までがつらかった…こんなにお酒飲んで後悔したことはなかったです。お酒にも新幹線にも酔ってふらふらでした笑

新幹線に乗る前の飲み比べはお勧めしません。

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

あ、秋田で展示があります!

 

f:id:akashiaya:20171209054907j:plain

まだ何を出品するかは考え中。秋田にお住まいの方はぜひ!

 

 

旧金子邸

生きてます。

 

上手く寝ることができません。

切羽詰まった夢ばかり見ます。

さすが師走です。冬の風物詩。

 

さて、今日は金子邸について。

 

秋田のギャラリー杉の隣にねぶり流し館という秋田の伝統文化について学べる施設があります。そこのチケットを購入すると旧金子邸という江戸時代から昭和まで実際に使われていた呉服屋さんをみることができます。

 

◎店先 

商品などが置かれています。足袋や布団時など、多くの商品を扱っていたそうです。商品は注文に応じて蔵から店先に運ばれたそうです。使われていた帳簿なども展示されていました。

 

f:id:akashiaya:20171207041705j:plain

 

 

台所 上に女中部屋があります。

f:id:akashiaya:20171207041658j:plain

 

中に蔵があり、内部です。

f:id:akashiaya:20171207041718j:plain

 

座敷に上がることもできました。中には蔵のつくりを紹介しているビデオがあり勉強になります。お店の外観とか撮っておけばよかった…雨がぱらついていたんだった。

 

平成9年に江戸時代後期の伝統的な建物として、秋田市指定有形文化財として指定されました。

 

面白いのは屋根の上に大きな甕(かめ)が設置されていたことです。(写真撮ればよかったな…)昔秋田では、火事に備えて主屋の屋根に玉水甕(かめ)を置く商家もあったそうです。昔の人は火事対策でもユニークなことを考えつきますね。

 

中には和室もありました。歌?のおけいこ中だったようで歌声のようなものが聞こえていました。蔵や和室は借りることができるようです。蔵で演奏会とかやったら素敵だなあ。

 

 

 

話は全然変わりますが近くにレトロ博物館がありました。

f:id:akashiaya:20171207041513j:plain

入場無料で昭和の古いおもちゃやら生活のモノなど雑多に置かれていました。しかも入場無料です。すべてが商品というわけでもないし…いったいどこが収入源なのか…怪しい…。駅近いビルだし…。私とミチヨさんがお店に入ったときは人がおらず暇そうでした。

 

昔の肩にかける式の携帯電話や、キュロちゃんのあたり缶詰、ファミコン、ブロマイド、などなど…わたしは正直懐かしい感情は湧いてこなかったですが、その年代の方には楽しいかもしれません。私はこのお店の背景が気になりました。

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

秋田ねぶり流し郷土館

生きてます!

 

おしゃれな朝食を考えてます。

 

さて、昨日はギャラリー杉の事を書きましたがギャラリー杉の隣にはねぶり流し郷土館と旧金子邸があります。ねぶり流し郷土館は秋田の伝統的なお祭りや文化を学ぶことができる施設で、旧金子邸は江戸時代から昭和まで実際に使われていた呉服屋さんのお店です。

 

 

f:id:akashiaya:20171207041652j:plain

f:id:akashiaya:20171207041639j:plain

竿灯祭りってどれほど知名度があるんでしょうか。ご存知ですか?

提灯がたくさんぶら下がった竿を腰や額の上に載せて他の人と競います。(しかし何が基準かはわかりません)

 

ねぶり流し館では実際に使われる竿灯の竿や映像が流れていました。いきいきとした蝋人形が出迎えてくれます。竿灯まつりの事だけではなく、秋田のお祭り網羅できます。個人的には楽しいです。昔ここで竿灯体験した気がしますが今やってないのかしら。

 

二階には竿灯関連の資料と実際使われる太鼓が置かれています。

f:id:akashiaya:20171208060505j:plain

そんな力入れて叩かなくてもおっきい音が出ます!太鼓の達人とは全然違うのね!お祭りでめいっぱい叩いている人は鼓膜大丈夫なのかな。奥に竿灯まつりの絵が飾ってありましたが、ただならぬ祭りの様子が描かれていました。

 

ホワイトボードが置かれていたので記念に秋田愛を落書きしました。

f:id:akashiaya:20171207041626j:plain

 

一緒にきてくれた都会っ子の画家・ミチヨさんもなまはげをイメージで描いてました。

f:id:akashiaya:20171207041631j:plain

なんとなく北欧の妖怪っぽい。

ホワイトボードには韓国語やら中国語や英語が描かれていて、いろんな国籍の人が来ているみたいです。

 

三階は秋田の踊りのことが学べるスペースでした。お面をかぶっている蝋人形がたくさんいて、本当に怖かったです。一人では入れません。

 

 

 

今日はここまで~

明日は旧金子邸のことを書きます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

ギャラリー杉

生きてました。

 

いつのまにやら時間が…死んでません。生きてます。

 

今月は秋田にあるギャラリー杉さんでチャリティー・アート展がありました。

久々に秋田に帰り一日だけ在廊してきました。少し秋田でリフレッシュできました。

 

秋田のギャラリー杉の様子はこのような感じです。

f:id:akashiaya:20171207041915j:plain

f:id:akashiaya:20171207041902j:plain

誰の銅像かまでは見てませんでした…

 

秋田駅から歩いて15,6分の所にあります。

画廊に向かう途中にはさくら名所100選日本100名城に選ばれている千秋公園や秋田公立美術館があります。行きや帰りに寄り道しながら楽しめます。

(ただし個人的には春や秋ごろがおすすめ。)

 

一階と二階があり、清潔感のあるさわやかな画廊です。オーナーの杉渕さんもさわやかで素敵な方ですよ。

f:id:akashiaya:20171207041850j:plain

今回はチャリティーアート展ということで(もう終了しました。)小品がずらりと並んでいました。

 

上の写真は人物多めですが、それだけではなく静物や風景など、いろんなジャンルの作品が展示されていました。彫刻も展示されてたかな…せんとくんのデザイン作者であり彫刻家の薮内佐斗司さんの小品もありました。来年が戌年というだからか手のひらサイズの犬の彫刻を出品されていてかわいかったなあ。

 

東京のギャラリーは格調高すぎたり、マニアックすぎたり、一般の人が入りにくい雰囲気ありますが、ギャラリー杉はいろんな人が入りやすい雰囲気です。秋田公立美術大学の先生方の展示も多くされているようです。

 

私が在廊した日はたった一日でしたが(しかも数時間)それでもたくさんのお客様がいらしていていつも作品をみることを楽しみにしている人がたくさんいるんだなあと感心していました。秋田は美術館はありますが、ギャラリーはあまりないですし、美術画廊のある百貨店もないので作品を購入できる場所が限られてます。(マニアックな入りづらい画廊とかはあるのかもしれません。)秋田駅近くに美術作品をみて触れるお店があることがいいことだと思います。

 

今は成田康さんという方の個展が始まっています。

sangarou.sakura.ne.jp

 

秋田に寄ったさいはぜひ!

 

今日はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

歴史画

今日も生きてます。

 

 

寒さが身に染みる毎日ですね。皆様、体調管理に気をつけてくださいね。

 

●さて、昨日は絵画のジャンルをつくったシャルル・ルブランという方を紹介しました。17世紀にフランスでギルドからの自由を求めて発足したアカデミーは、古典古代ルネサンス期の彫刻の研究や、模写、男性裸体モデルの素描などが行われていました。美術理論の研究もおこなわれました。その中で絵画のジャンルの序列化も行われたそうです。

 

↓上からえらい順

①歴史画

肖像画

静物

 

アカデミーを発足した人や、運営に携わる人間に歴史画家が多かったことも歴史画が一番になった理由の一つではないかと思われます。また個人的な意見としては、写真が無かった時代は描かれたものが事実として残っていきます。後世に残る絵画は歴史を残す・つくる物という役割もあったのかもしれません。

 

 

●今日はそんな歴史画とは何ぞやというところを見ていきたいと思います。17世紀アカデミー内での話で、今はそこまで描かれているモチーフで偉大さが決まるということはまずありません。むしろどう表現されているかが大事ですよね。17世紀辺りの作品を鑑賞するときに参考になるかもしれません。

 

17世紀のフランスでは一番偉大だった歴史画ですが、今身の回りで歴史画を描いている作家の知り合いはいません。 大学でも純粋に歴史画描いてる人あんまりみなかったなあ。歴史画は歴史的な事件や、神話・宗教を主題とした作品の事です。

 

 

 

 

巨匠と作品を紹介します。

 

ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez, 1599年6月6日(洗礼日) - 1660年8月6日)はバロック期のスペイン画家マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、スペイン絵画の黄金時代であった17世紀を代表する巨匠である 

 引用(ディエゴ・ベラスケス - Wikipedia)

 

スペインのフェリペ四世の宮廷画家として、宮廷や王族の家のために歴史的偉大なエピソードを描きました。

f:id:akashiaya:20171118055913j:plain

By ディエゴ・ベラスケス - 不明, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15588004

ブレダの開城

ネーデルラント南部の要塞ブレダにおけるスペイン軍の戦勝を記念して制作されたもの

王の離宮の「諸王国の間」という大ホールを飾るために描かれた戦勝画

 

 

 

思ったより長くなってしまいそう…。

今日はここまで。明日に続きます。

 

本を読んでいてだいたい知っていた事柄もまとめようと思っ調べると何にも知ってなかったことがわかりました。勉強大事ですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

 

☆展示のお知らせ☆

「チャリテイー・アート展」


売り上げの一部が災害遺児愛護活動に寄付されます。
会場 ギャラリー杉(さん)
会期 11/23(木)-12/5(火)

時間 10:30-18:30

 

ギャラリー杉のWEBSITE

http://sangarou.sakura.ne.jp/index.htm

 

 

 

f:id:akashiaya:20171105123659j:plain

f:id:akashiaya:20171105123722j:plain

 

26日の午後に在廊予定です。

多数の作家さんが出品されていますので、鑑賞の邪魔にならぬよう長居できません。

明石の絵の話を聞きたいという方はコンタクトからメールをください。25日と26日秋田にいる予定ですのでなるべく都合を合わせたいと思っています。