リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

あやしい喜多川歌麿

今日も生きてます。

 

彫刻刀をいただきました。

ありがとうございます!

 

今日もあやしい美人画(東京美術 松嶋雅人箸)を読んでいます。

 

今日の一枚は「喜多川歌麿」の「山姥と金太郎 盃」です。

 

 


f:id:akashiaya:20190616072634j:image

 

 

山姥というのは、山奥に棲む老女の妖怪で、人を食らうとされています。

 

他の人が描いた山姥↓

 


f:id:akashiaya:20190616074234j:image

佐脇嵩之『百怪図巻』より「山うは」

 


f:id:akashiaya:20190616074245j:image

鳥山石燕画図百鬼夜行』より「山姥」

 

(山姥 - Wikipediaより引用)

 

↑は二枚にくらべると、喜多川歌麿の描いた山姥は若くて艶っぽい雰囲気ですね。

(ボサボサなヘアスタイルですが。)

 

 

山姥がだっこしているのは金太郎です。

(まさかりかついだり、熊と相撲をとったりする人です。)

 

金太郎の母親は山姥だったのです。

 

金太郎と山姥が山で暮らしているのを源頼朝が見かけ、金太郎をスカウトします。

 

その後金太郎は鬼退治や妖怪退治など、大活躍していきます。

 

 

 

艶っぽい山姥を多く描いた喜多川歌麿は江戸では人気の美人画の絵師でした。

 

↓の作品などは有名ですね。




f:id:akashiaya:20190616081211j:image

ポッピンを吹く女

 

喜多川歌麿(きたがわうたまろ)

1753-1806

 

歌麿は背景を省略し、それまで全身を描かれていた美人画を、顔を中心とする構図を考案しました。

 

歌麿が描いた美人画の多くは、遊女や花魁、茶屋の娘など無名の女性です。

しかし歌麿の浮世絵になると、モデルの名前はたちまち江戸中に広まったそうです。

 

これに対して江戸幕府は世を乱すものとして度々制限を加えるほどでした。

 


f:id:akashiaya:20190616082405j:image

「寛政三美人」 歌麿

 

 

歌麿は対抗して美人画を描き続けます。

 

しかし、豊臣秀吉の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」を描いたことがきっかけとなり、幕府に捕まり手鎖50日の処分を受けます。

 

当時、豊臣秀吉を絵の中ににそのまま登上させることを禁止されていたからでもあります。

 

この刑のあと、喜多川歌麿はげっそりして病気になってしまいます。


f:id:akashiaya:20190616083109j:image

「江戸の花 娘浄瑠璃歌麿

 

その後も喜多川歌麿の人気は衰えず、むしろこれが最後かもしれないと注文がどんどん舞い込むようになり、過労のせいかなくなってしまいました。


f:id:akashiaya:20190616083448j:image

歌麿画。英国ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館所蔵

 

雑誌もテレビもスマフォもなかった時代、浮世絵の影響力ってすごかったんですね。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

http://www..com/ https://akashiaya.jimdo.com

あやしい大原女

今日も生きてます。

 

雨ですね。

寒い…

 

思うところがあり、木を掘ってます。

新しい表現を模索してます。

彫刻刀握ったのが久しぶりです。

 

高校の授業以来かもしれない…

怪我に気を付けます。

 

 

さて、今日もあやしい美人画(東京美術・松嶋雅人箸)を読んでいます。

 


f:id:akashiaya:20190615094325j:image

上の絵は「長沢芦雪」の「大原女」という作品です。

 

私は「おおはらおんな」と読んでしまいましたが、正しくは「おはらめ」です。

 

 

大原女は、京の都で薪を頭にのせて売っていた(京都の)大原という地域の女性のことです。

 

島田髷に手拭、紺の筒袖で白はばきを前で合わせる、二本鼻緒の草鞋をなど、薪を売るときには決まりの装束があったそうです。

(時代と共に変わっていっているそうですが。)

 

 

絵を見るとそりゃ少し大過ぎやしないかい?というぐらいの薪を頭の上にのせていますね。

 

絵だから強調したのかな~?と思いきやWikipediaで写真を見つけて驚きました。

 


f:id:akashiaya:20190615103308j:image

Wikipedia 大原女 - Wikipediaより引用↑

 

むしろリアルでしたね!

長沢芦雪に悪いことを思ってしまいました。

 

大原では今、大原女時代行列という大原女の衣装を着た女性が練り歩くイベントがあるそうです。

 

長沢芦雪の描いた大原女はとても艶っぽいですよね。


f:id:akashiaya:20190615104538j:image

 

 

あやしい流し目にドキリ。

 

その妖艶さからモデルは大原女に扮した花柳の女性ではないかとも言われています。

 

長沢芦雪についてはこちらをご覧ください。

長沢 芦雪はどんな人? - リアル絵描き日記

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

 

あやしい和歌

今日も生きてます。

 

今日の絵はこちら↓


f:id:akashiaya:20190614144741j:image

岩佐又兵衛の「伊勢物語 鳥の子図」という作品です。

 

絵の中の女性、何をしているかわかりますか?

 


f:id:akashiaya:20190614144755j:image

 

筆を持っていますが、その先には川があります。

 

 

 

これは「伊勢物語」に出てくる和歌をもとに描かれたものです。

 

 

伊勢物語」は平安時代につくられたもので、ある男性の恋愛模様がたくさんの和歌と共に描かれます。作者は不明です。

 

 

絵はその中の第50段「鳥の子」に出てくる和歌の情景です。

 

「鳥の子」の物語の内容は、両方浮気をしていても想い合う男女が、お互いのことをなじって責める和歌のやり取りです。

 

女性が詠んだ和歌に

 

ゆく水に 数かくよりも はかなきは 思はぬ人を おもふなりけり

 

とあうものがあり、これは

 

流れ行く水面に数を書きとめようとするよりも儚いことは、思ってくれない人を思うことです。

 

というような意味です。

恨みの和歌です。

 

平安時代の人の感覚って面白いですね。

 

 

ということで絵の情景は川に数字を書こうとしている風景です。

女性の表情もつまらなそうですよね。

 

作者の岩佐又兵衛については昔記事にしたのでこちらをご覧ください。

岩佐又兵衛ー生々しい大和絵ー - リアル絵描き日記

 

伊勢物語の「鳥の子」の中ではおそらくタイトルである鳥の子の由来であろう男の和歌(先に女が和歌を詠んできたものに対してつくったもの)がでてきます。

 

 

鳥の子を十づつ十はかさぬとも思はぬひとを思ふものかは

 

(意訳)

ただでさえ重ねられない鶏の卵を十かける十で百個重ねたとしても、思っていない人を思うことがあるでしょうか。そんなこと、ありえません。

 

 

筆で川に数字を描くとか、鶏の卵とか、比喩表現豊かですね。

自分だったら絶対に思い付きません。

 

というかまどろっこしくて直接言いに行ってしまいます。笑

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石恵Website

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

あやしい歌舞伎絵

今日も生きてます。

 

もともと歌舞伎に興味を持ったことはあまりなかったのですが、深夜テレビで初音ミクが歌舞伎と共演している演目をたまたまみて、衝撃を受け、その後少し気にかかる存在です。

 

調べてみると、伝統が廃れないようにがんばって新しいものに挑戦しているという印象です。尊敬です。

 

さて、今日もあやしい美人画(東京美術 松嶋雅人著)を読んでいます。

 

f:id:akashiaya:20190613120212j:plain

 

f:id:akashiaya:20190613120154j:plain

 

今日は狩野長信の「花下遊楽図」です。

 

 

何が描かれているかというと、まさに歌舞伎が行われている様子です。

 

歌舞伎が小屋の中などの屋根の下で行われるようになったのは享保の時代からで、それまでは絵の中にあるように外で行われていたのでしょう。

 

踊っているのは女性です。

 

歌舞伎の起源は出雲阿国だということは教科書にも載っていますね。

 

もともとは女性だけが行っていたものが若衆(少年青年)に広がっていったそうです。

 

内容が性的であったり、露出が上がったり、歌舞伎の役者の取り合いでもめ事がおこったりなどで幕府の監視と規制が入るようになります。

 

そして結果的には野郎歌舞伎と呼ばれる成人男性だけがするようになり、今につながっていくそうです。

 

 

絵を見ると絵の端にはランチの準備と思われるものもあり、食事をとりながら歌舞伎をみて楽しんでいる様子が感じ取れます。

 

今だと敷居高いイメージありますが、最初は気楽なものだったのかなあ。

 

踊り手も楽しそうですよね。

f:id:akashiaya:20190613122322j:plain

 

出雲阿国で調べていると上の絵が出てきますが、特定されているのでしょうか。

 

Wikipediaでは出雲阿国が踊っていたものについて

 

お国のかぶき踊りは、名古屋山三郎役の男装したお国と、茶屋の娘役として女装したお国の夫・三十朗が濃密に戯れるものであった[7]。一座の他の踊り手も全て異性装を特徴としており、観客はその倒錯感に高揚し、最後には風流踊や念仏踊りと同様に出演者と観客が入り乱れ熱狂的に踊って大団円となった[7]。 このように、お国がかぶき踊りを創始するに際して念仏踊りを取り入れたとする記述が一般向けの解説書や高校生向けの資料集により一般的であるが(山川出版『詳細日本史図説』、『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』)、この従来説に対して、ややこ踊の一座やお国が念仏踊りを踊った可能性は低いと主張する者もいる[4]。

出雲阿国 - Wikipediaより引用

 

と記されています。

最終的に観客も踊るなんてどんな踊りであったのだろう。

気になります。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

あやしい島成園

今日も生きてます。

 

ホームページを工事中です。

今までほったらかしにしていたので丁寧に編集していきたいです。

 

 

 

さて、今日もあやしい美人画を読んでいます。

今日は島成園(しませいえん)の作品を見ていきます。

f:id:akashiaya:20190612130202j:plain

Wikipediaより拝借させていただきました。

いい写真ですね。


島 成園(1892年 - 1970年)

大阪府生まれで、父と兄も絵を生業としていました。

 幼少時は母の実家である遊郭街のなかにある茶屋で過ごしていたようです。

後に展覧会へ出品するようになり、画壇へデビューします。

 

 

京都の上村松園、東京の池田蕉園とともに「三都三園」と呼ばれました。

 


f:id:akashiaya:20190612131130j:image

 無題


f:id:akashiaya:20190612131139j:image

おんな

 

 

島成園の作品は好きですね。

 

痣のある作品、とてもインパクトありますね。

 

清楚で可憐な女性像が多い(今も同じ)中、顔に痣があるだけでこんなにドキッとするのか。

 

制作途中の絵の前に座る女性は島成園の自画像です。

 

家庭内暴力とすぐ勘ぐってしまいましたが、実際にはこの痣はなかったそうです。

世を呪う気持ちを描いたと語っています。

 

現代アートとかだと自分とは何かみたいなものを掘り進めて作品にしている作家や、経験を作品にしている人もいると思いますが、島成園が生きた時代の画壇にはそういう価値観なかったのではないでしょうか。

 

この作品発表当時物議を醸しました。

 

 

 

下の作品「おんな」も、裸体画に批判的な風潮であったため、落選してしまったそうです。

日本画特有の黒髪を執拗に何本も描いていて異様な雰囲気演出されている感じがいいですね。好きです。

顔つきがただならんですね。

 

もともとの下絵から父親の助言をうけて当初より性的な表現は控えたそうです。

元の下絵が気になりますね。

 

 

もちろんこういう怨念系の作品だけでなく、可憐な作品も残されています。

 

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akashiaya.jimdo.com

あやしい北野恒富

今日も生きてます。

 

 

秋田の新屋にイージスアショアを配備することがニュースになってますね。

 

出身高校が新屋にあり、新屋に通っていた身としてはとても身近なことで、

 

今まで沖縄の基地のニュースを他人事としてみていたということを実感しました。

 

 

 

最近話題になってませんが、

 

北朝鮮のミサイルが秋田県沖に落ちたことや、

 

北朝鮮からの船ではないかと思われるものが流れ着いていることから、

 

地理的に近い距離にある秋田って本当に危険な状況なんだよなあと思います。

 

日本海側に防衛が必要なこともよくわかります。

 

 

 

結果的には配備されることになると思いますが、反対する市民団体・住民には繊細に対応していき、丁寧に進めていってほしいと強く思います。

 

ないとは思いますが、沖縄のように問題がこじれて変に人が集まってしまう土地にはなってほしくないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日もあやしい美人画を読んでます。

今日は北野恒富(きたのつねとみ)を紹介します。

 


f:id:akashiaya:20190611101334j:image

 


f:id:akashiaya:20190611101342j:image

「道行」

道行は心中の地へと向かう男女が舞う歌舞伎や人形浄瑠璃の演目のひとつです。

表情から二人がただならぬ状況であることがわかります。

 


北野恒富(1880年ー1947年)は金沢に生まれます。

 

少年時代から絵が好きで、木版画彫刻師の門下を転々とし、絵草子屋に勤めたり、彫師のもとで木版下絵を描く修行を重ねたりしたのちに北国新報に入ります。

 

その後画家になるべく大阪に移ります。

挿絵画家としてデビューし、大阪新報社に入社後小説挿絵担当となります。


そして展覧会への品作するようになり、文展入選をきっかけに画家としての地位を築きました。

 

こうした創作活動のかたわら、画塾「白燿社」を主宰して多くの門下生を育てたほか、大正末年には徳島で南海画塾も設立しました。

 


f:id:akashiaya:20190611101355j:image

淀君

妖艶さを漂わせる女性を描いて「画壇の悪魔派」とも呼ばれた北野恒富。

 

しばしば淀君をモチーフとして描きました。

大阪城落城の際の淀君を描いています。

 

 

 


f:id:akashiaya:20190611101403j:image

「浴後」

北野恒富は多くの美人画のポスターを描きました。

 

 

先ほどの2枚とくらべると、胸元をはだけたかわゆい女性がこちらを向いている絵で、より多くの人間に受け入れられそうです。

 

 

調べていたら名画に自らが扮する現代アーティスト森村 泰昌さんが北野恒富が描いた高島屋のポスターに扮したものを作品にしていました。

 

 

昨日までみてきた美人画を描いていた作家は、作家を志して京都の学校で学んでいき、画壇に入っていく人が多かった印象でした。

 

しかし北野恒富は大阪に向かうところが違いますね。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

akashiaya.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアの日本画

今日も生きてます。

 

寒いですね。

暖かくして過ごしましょう。

 

テレビで旅するイタリア語という番組を見ています。

 

俳優とイタリア人男性がイタリアを旅しながら語学も少し学べるといった内容です。

 

 

その中で日本の文化を愛し、日本画を模写&日本画風の絵を制作しているイタリアのアーティストが紹介されていました。

 

 

名前は忘れましたが桜や美人画がアトリエの中には所狭しと並んでいました。

 

今日紹介する一枚も模写がその中にありました。

 


f:id:akashiaya:20190610091007j:image

 

 

↑は

菊池契月(きくちけいげつ)が描いた「少女」という題名の作品。

 

菊池契月(1879-1955)は長野県生まれの日本画家です。

少年時代から絵が好きだったそうです。

 

歴史的事件や人物、神話などを描きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

絵の女性は長男の妻をモデルにしてると言われています。

 

鑑賞者の方へ凛とした視線を向けています。

 

若さ、清潔さ、無垢さ…等を絵からは感じます。

 

題名にもある「少女」特有の美しさを表現しているんだろうなあ。

 

 

 

番組の中ではイタリア人女性アーティストのアトリエの壁におそらく原寸大に近い模写が飾られていました。

 

他にも上村松園美人画などの模写もありました。

 

イタリア人が着物を着た日本人の絵を描いていることが不思議でした。

 

菊池契月もヨーロッパへ留学(もちろんイタリアも)しており、そこで様々な作品を模写しています。

 

美的な感覚が国を超えて影響しあっているんだなと当たり前のことを思いました。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石恵WEBSITE

akashiaya.jimdo.com