リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

イカロス

 

今日も生きてます。

 

 

池上英洋さん、川口清香著「美少年美術史」を読んでいます。

 

前回はレオナルドダヴィンチのデッサンから老若の対比のために若く美しい青年と老人が絵のモチーフになっていることを書きました。 
f:id:akashiaya:20180814230408j:image  

 

 

老いと若さを対比する作品をもうひとつ紹介します。

 



 

ギリシャ神話のイカロスをご存じでしょうか?

 


f:id:akashiaya:20180815091325j:image

小学生の音楽の教科書にイカロスを題材にした歌も載っているらしいということを聞いたこともあるので知ってる人は多いかなと思います。

 

 

イカロスというのはギリシャ神話に出てくる人物です。

 

話のあらすじは…

 

ダイダロスとイーカロスの親子は王の不興を買い、迷宮(あるいは塔)に幽閉されてしまう。彼らは蝋で鳥の羽根を固めて翼をつくり、空を飛んで脱出した。父ダイダロスはイーカロスに「蝋が湿気でバラバラにならないように海面に近付きすぎてはいけない。それに加え、蝋が熱で溶けてしまうので太陽にも近付いてはいけない」と忠告した。しかし、自由自在に空を飛べるイーカロスは自らを過信し、太陽にも到達できるという傲慢さから太陽神ヘリオスに向かって飛んでいった。その結果、太陽の熱で蝋を溶かされ墜落死した。

(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イーカロス )より。

 

羽を蝋でくっつけただけで飛べたなんてすごいはなしですね。


f:id:akashiaya:20180815091337j:image


f:id:akashiaya:20180815091345j:image

 

 

人間の思い上がりをいましめるとともに、神を畏れよという教訓が込められています。

 

多くの画家たちが墜落の瞬間を描いていますが、↓の二人は飛び立つ場面を描いています。


f:id:akashiaya:20180815091458j:image

シャルル・ポール・ランド

イカロスの飛翔

 



f:id:akashiaya:20180815091612j:image

フレデリック・レイトン

イカロスとダイタロス

 

 

墜落の場面は文明を批判するという意味合いが強いのに対し、ランドンの作品が描き出しているものは、子が父から離れる瞬間です。

 

若者が抱く万能感の危うさと、息子の無事を願うことしかできない父親がかかれています。

 

 

だからこそイカロスは幼く無鉄砲に、そして父の老いと対比させるために若く描かれています。

 

 

同じギリシャ神話でもどこに着眼して、何を表現するかは画家に違って面白いですね。

 

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


f:id:akashiaya:20180815092311j:image

オマージュ作品制作中

 

 

三世代

今日も生きてます。

 

今日から池上英洋さん著「美少年美術史」を読んでいきます。

 

絵の主題によっては画中の人物を若く美しく描く必要がある場合があります。

 

昨日も載せたレオナルドダヴィンチのデッサン


f:id:akashiaya:20180811133353j:image

 

 

老いた老人と青年が向かい合っています。

 

大体絵画で老人と若者が対比して描かれているときは時間の流れが早いこと、若さのはかなさや、美の虚しさなどが教訓として表現されています。

 

「三世代」という主題で、老人、青年、少年が描かれる事が多いそうです。

人生は長くて短いものだということですね。

 

そういう意味だとしてダヴィンチのデッサンを見返してみると老人は自らの過去を振り替えるかのように青年を見つめていますが、青年は目の前の老人に意識はなく、もっと遠くを眺めているようです。

若いときには老いていくことなど気づかないもんだよというダヴィンチの思いが聴こえますな。

 

 

老人と青年をより鮮やかに対比させるために青年は若く美しく…そう「美少年」としてかかれる必要があったのでした。

 

 

美少年美術史意外に奥が深いですね。

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

美少年美術史

 

今日も生きてます。

 

アトリエの片隅で未完成の女の子が眠ってます。


f:id:akashiaya:20180810142307j:image


今日は新宿によったついでに伊勢丹新宿で開催中の片岡珠子版画展を見てきました。

 


f:id:akashiaya:20180810142551j:image

 

全部リトグラフでしたが発色良かったです。

死んだあともこうやって作品刷られてすごいですね。

わたしと方向性は違いますがエネルギッシュでいいですね。

 

 

電車乗車中は読書チャンスということで、さっそく美少年美術史を読んでます。

 

カバーと帯は即剥くタイプです。(じゃまや。)

 


f:id:akashiaya:20180810143019j:image

 

最初はダヴィンチのスケッチが載っていました。
f:id:akashiaya:20180810143115j:image

 

パラパラと読みましたが、昔って同性愛におおらかだったのかな~と思います。キリスト教が出てきてタイトになったのか。

 

 

何でこの絵では若くて美しく男性を描く必要があったのかということを掘り下げていてかっこいいだけじゃない解説がされているので面白い。勉強になりますね。

 

 

明日からは美少年美術史。

 

簡単ですが今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

作品の権利

今日も生きてます。

 

先日ゲットした美少年の美術史が面白い…。

 

というか目の保養です。

 

おとこの人ばっかり出てくるなあと思いましたが(美少年だから当たり前)、普通の美術史ってほとんど絵のモチーフが女性ばっかなんだなあと気づきました。

 

フェミ関係の本でその事を指摘した本を読みましたが、基本的に女性がどう描写されてるかなどを批判していて、素晴らしい男性が少なすぎることについては全然触れてないのが遺憾でしたな。

 

在学中はフェミ関係の本を何冊か斜め読みしましたが本によっては快適に生活してるのに読後もやっとしたりしました。昔と今は違うからな~。今の私(女性)は恵まれてるのだと思います。

 

ジェンダー系の本は私とは感覚が違いすぎて新鮮でした。

「男でもなく女でもなく」蔦森樹著のエッセイが面白かったです。著者本人が男性から女性になっていく内容ですが、こんなことで悩むの?ってことで悩んでて本当に面白かったです笑(真剣なのにすみません。)

こういう思想の影響受けて人生変わる人もいるんだなあ。

 

 

 

さて、今日は池上英洋さん著「西洋美術史入門<実践編>」の最終回です。

 

戦争中に略奪され、国外に行った作品はどこにあるべきか?

前回第二次世界にドイツ管理下にあった202の作品をアメリカが本国に移送し、今もなお多くの作品はアメリカに渡ったままであることなどについて書きました。

 

 

 

戦争中に奪われた作品は戦争が終われば返還されるべきというのが今の世界の常識です。

 

しかしどの戦争まで遡ることができるのかというのは非常に難しい問題である。と本の中で池上さんは指摘しています。

まるで領土問題のようだ。

 

戦争中に占領国が一方的に発掘調査を行われた場合はやっかいなことになります。

 

アメリカと西欧諸国は発見物の権利は土地の所有者ではなく発見者にあるという考え方によっています。

 

 

そもそも大英博物館ルーヴル美術館をはじめとする西欧諸国のコレクションの多くが占領地域を勝手に発掘して持ち帰ったものらしく、いちいち返してたら飾るものなくなりますね。

 

しかも占領地域から奪ったものが観光資源になって外貨産み出してる構図って奪われたがわからしたらあんま面白くないかも。

しかし保存できる状態がなかったとか考えるとまた違うのか…。難しい。

 

 

ナチスの略奪品に関しては所有者がわかれば無条件で返還するというワシントン原則というものがあります。

罰則規定はないので、強制力はありません。

 

 

ワシントン原則が有効になった例があります。

 


f:id:akashiaya:20180809214056j:image

↑はクリムトの作品でアデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰです。

 

このモデルは亡くなっていますが、ユダヤ人一家だったため、夫が亡命したあとにナチスが没収しました。

 

ナチスはそれをオーストリアに売り、その後はオーストリアの美術館が持っていました。

 

しかしその後、アデーレの遺言書に書かれた人がアメリカで生存していることがわかり、その人は返還を要求しました。

 

アメリカで長く裁判していましたが、結局相続人のもとに返還されました。

 

その一ヶ月後、その作品は化粧品の社長に150億円に近い額で売られました。

 

 

 

相続人はお金に困っていたのかな。作品というよりはお金目的という行動です。

先祖の絵守ろうよ。

 

 

 

こういうの見てるとなんだか少し悲しくなるのはわたしだけでしょうか。

 

 

今日で池上英洋さん著「西洋美術史入門<実践編> 」は終わりです。

 

 

次はなにしようかな~。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

202問題

今日も生きてます。

 

頑張れ!金足農業高校

 

 

 

 

 

さて、背景がいい感じに平滑になりました。


f:id:akashiaya:20180808173412j:image

 

手前は手作り型でステンシルの要領で型をとってかたちを整えたもの。

 

背景部分をやする間に顔予定部分や服装飾予定部分が汚れてしまって少し反省。 

上から暗い絵の具を塗る場合はいいが明るい絵の具だと結構響きます。

 

 

 

 

 

 

さてさて、今日も池上英洋さん著「西洋美術史入門<実践編>」を読んでます。

 

 

前々回はナチスが今では有名作家の作品(クレーやピカソ)を退廃芸術としたこと。それらを「退廃美術展」の中で陳列し、全土を大巡回したことなどをかきました。

 

 

美術の評価や価値観が戦争の中でめくるめく変えられてしまうことがわかります。

 

今日は第二次世界大戦戦勝国の美術品に対する動きはどのようなものだったのかについて書きたいと思います。

 

 

 

ソビエト連邦は大量の作品を持ち帰り、エルミタージュ美術館プーシキン美術館のコレクションを一気に増大させました。

 

私も見に行きましたが、前上野でやっていたプーシキン美術館展の作品の中にも終戦間際にドイツから奪われた作品が入っていたかもしれないですね。

横流しされたものも多かったそうな。

 

東西冷戦が始まるとソビエト連邦の中では思想統一が進みました。作曲家や画家や、あらゆる文化活動が基準にあうように厳しく制限されます。

 


ナチスの暴力から守った(ドイツから奪った)作品の中にラファエロのシスティーナの聖母がありました。この作品の人気はすさまじかったそうです。



f:id:akashiaya:20180808203910j:image

 

そしてラファエロが美の規範となり、ソビエト連邦の美術アカデミーの会長はゴッホピカソの作品を焼却するように提案するなど美への価値観が今とは大分違いますね。

 


f:id:akashiaya:20180808204133j:image

 

 

↑の作品はソビエト連邦の国民の画家ナルバンジャンによるもの攻勢からの想像図ですが、ラファエッロの人気ぶりをうかがわせます。

 

連邦政府は寛大さをアピールするためか、ラファエッロの作品はドイツに返還されました。

 

 

 

 

一方、アメリカはどうかというとドイツの管理下にあった202点の絵画を本国に移送していました。ヤン・ファン・エイクボッティチェッリ等の著名な作家の作品です。

 

しかしこの移送の是非を問う論争がアメリカ国内から出てきます。202問題といわれるものです。作品はまだアメリカにあるままです。

 

 

 

その後敗戦後の日本でも作品が流出すると思いきや、202問題が起こったことと、アメリカで急遽制定された「極東における古物、美術品、図書、文書、その他文化財に関する規則」によって日本の美術品はGHQによって守られました。

 

 

改めて美術評論も評価も価値も、時の世相に振り回されることがわかります。

今は果たしてどうなんだろうか…

何かが評価されるのには訳があるかもしれない。

 

深く絵画鑑賞するには世の中の動きも知らないとですね。

 

 

 

今日はここまで。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

 

ちばぎんひまわりギャラリー



今日も生きてます。

 

猫がたくさん出てくる夢を見ました。

ジブリ猫の恩返しって映画ありましたよね?そのような感じでした。

猫かわいいと思わされてしまった。不覚。

 

 

今日は今ちばぎんのひまわりギャラリーで展示をしている元イレブンの岩井さんと若菜さんの展示を見てきました。

 

撮影禁止だったのでDMです。


f:id:akashiaya:20180807183553j:image


f:id:akashiaya:20180807183655j:image

 


f:id:akashiaya:20180807183640j:image

 


f:id:akashiaya:20180807183734j:image

 

ふたりとも百貨店では飾れないような大きな作品を展示してました。

 

若菜さんは白黒でおやじとおかあさまをかかれた作品。50号以上の作品だったとおもいます。

パステルの柔らかいイメージがあるので新鮮。

 

岩井さんはスクエアの100号三枚展示してました。

良くこんなおっきなさくひんかけるなあー。

すごい。

あと(おそらく)学生時代の作品があって懐かしい気持ちになりました。なぜわかったかというとたぶん額自分で木枠作ったんだろーなーいうような額だったから。笑

高校の頃、公募とかの作品はキャンバスに合わせて切った木四本をキャンバスに沿わせ、釘やボンドで止めるという荒仕事で額を作ってました。

立派な額は高くて用意できなかったな。

 

 

ふたりともちばぎんひまわりギャラリーということでひまわりの絵も出品してました。岩井さんは油彩でしたね。

 

 

ふたりとも視線を自分のすんでいる場所に向けていてそれを作品にしています。

日常を切り取るような絵って素敵ですよね。

 

同じ風景を見ててもたぶん私は作品にしたいとは思わないだろうなあ。

 

 

人の感性ってばらばらでふしぎ。

 

 

いいな~と思ってもそれを表現する力がないと作品にもできないし。いろいろ難しいですね。

 

 

作家さんは土日に在廊しているそうです。

 

 

会えなかったけどたぶん二人とも元気にしてるべ。

 

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

ちなみに二人の展示会の詳細はこちらからどうぞ。

ちばぎんひまわりギャラリー|CSR(企業の社会的責任)|千葉銀行

 

 

 

 

 

退廃芸術

今日も生きてます。

 

キャンバスは下地が施された布が木枠に張られたものですが、表面はキャンバス地といってでこぼこしてます。

 

個人的にはこれが表現上扱いづらいと感じるため、やすりで磨きます。

 


f:id:akashiaya:20180806211505j:image

磨く前

 


f:id:akashiaya:20180806211543j:image

磨いた後

 


f:id:akashiaya:20180806211634j:image

黒いところだと分かりやすいですが、このように細かい傷をどんどんつけて磨きます。

 

紙ヤスリで磨きます。

数字が小さい方がヤスリの目は荒く、大きな数字になっていくと細かくなります。

 

最初荒いものから~最後は超大きな数字の細かい目をしたやすりを使います。

 

この作業は木工なんかで家具作るときも仕上げの行程としてありますが、最初はざらざらだった面が手をかけ時間をかけ丁寧にやすっていくとさらっさらっの面になります。

 

結果的にいとおしくてしょうがなくなります。

 

絵でも同じ気分でさらさらの面ができるとほおずりしたくなります。

 

絵の組み立ての中で凹凸面と平滑な面を組み込むと個人的に視覚的に気持ちいいなあと感じるので地味だけど大事な作業。

 

手を抜かずにやっております。

 

 

 

 

 

さて、今日も池上英洋さん著「西洋美術史入門<実践編>」を読んでいます。

 

退廃芸術って聞いたことありますか?

 

前回ナポレオンが占領下の国の美術品を多数略奪し、今も返還されずルーヴル美術館にある作品が存在していることを書きました。

 

ナチスヒトラーも同じように占領下の国の作品を「退廃的」として没収します。

 

 

ヒトラーの著書「わが闘争」の中で、キュビズム未来派表現主義ダダイズムシュルレアリスムなどの同年代の美術は退廃芸術として批判されていました。

 

これは、1892年にユダヤ人医師マックス・ノルダウの著書「退廃論」で示した理論が基となっています。

 

ヒトラーは没収した作品を、避難すべき芸術を知らしめる教育目的のため1937年にミュンヘンの退廃美術展で展示ました。

 

中はクレーやピカソゴッホなど、そうそうたるメンバーです。

退廃美術展は展示が替えをしつつ全土を巡回し1941年まで続きます。

 

 

そして1939年からはスイスのオークションなどでその作品を売り出し始めます。ここで稼いだ外貨はナチスの資金源になったと言われます。

 

 

 

 

ヒトラーは若い頃画家を目指していたほど美術に関心を持っていました。

しかしベルリン国立美術館のカラヴァッジョの作品を見て「さすがミケランジェロ!」とかんたんしたそうです。カラヴァッジョのフルネームはミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ。キャプションの名前を見て勘違いしたそうです。なんと。

 

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website