リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

無原罪の御宿り

今日も生きてます。

 

キャンバス張りの道具にやたら名前や記号が書いてあります。



f:id:akashiaya:20181017152920j:image

 


f:id:akashiaya:20181017152930j:image

 


f:id:akashiaya:20181017152952j:image

 


f:id:akashiaya:20181017153017j:image

 

美大では名前がないものは公(という俺のもの)的な扱いになります。

なくなったらどちらかというと放っておいた方が悪いかな~という感覚。

なのでやたら主張してました。

 

一時期明石をAKBみたくAKCとかいていた。

自分以外は誰かわからないサインです。

 

芸術の秋、展示があります!

 


f:id:akashiaya:20181017153521j:image

フェルメールトリビュート展

 

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY

153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 

11:00 – 19:00 

ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com 

レセプションパーティー

10月19日 18時-20時     

 

秋田でも展示します!

 

 

 女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日

会場 ギャラリー杉     

秋田市大町1-3-27     

水曜日定休  10:30-18:30

会場URLhttp://www.gallerysan.com

 

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。

 秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。 

 

 

 

さて、筑摩書房から出版されている「美少女美術史」池上英洋さん荒井咲紀さん著を読んでいます。

 

前々回にマリアの話を書きました。

マリア - リアル絵描き日記

 

今日はその続きです。

 

西洋絵画を見ていると、聖母マリアを描いた絵に「無原罪の御宿り」という題名の絵があります。


f:id:akashiaya:20181017172424j:image

無原罪の御宿り 

エル・グレコ

 

これは宗教改革のときに聖書に忠実に…というルター率いるプロテスタントに対抗してカトリック側が推し進めた主題です。

 

聖書では偶像崇拝は禁止され、マリアはそれほど重要な地位を与えられてなかったため、マリアの信仰が揺らがないよう推奨されたプロパガンダ図像でした。

 

 

無原罪の御宿りのほかに、聖母被昇天があります。

 


f:id:akashiaya:20181017173128j:image

無原罪の御宿り 1618年

ディエゴ・ベラスケス

 


f:id:akashiaya:20181017173205j:image

無原罪の御宿り

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ画。

 プラド美術館

 

ムリーリョはカトリック側の聖母称揚図像における代表的な画家でした。

 

無原罪の御宿りではマリアは三日月を踏んでいます。

 

これはヨハネ黙示録の一節をもとにカトリック側でルール化された描き込むべきモチーフのひとつです。

 

その起源は処女神ディアーナ(月の女神)にまで遡ります。

 

 

マリアの出生地は聖書ではなく外典として長く読まれてきた「ヤコブの原福音書」(ヤコブのプロト・エヴァンゲリオン)に書かれています。

 

エヴァンゲリオンって、福音書って意味だったんですね。

知らなかった!

 

カヲルくん好きです。

 

 

明日に続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューピッドとエロス

今日も生きてます。

 

友人が来訪するので短時間で怒濤のごとく掃除をしました。

まあ、アトリエはそのままでいいよねということでアイディアメモ紙が散らばってます。

 

やすりがけが終わったら掃除しよう。

 

 

 

 

さて、19日から展示があります!

 


f:id:akashiaya:20181016120818j:image

 

 

 

フェルメールトリビュート展

 

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 

11:00 – 19:00

 

 ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com 

レセプションパーティー10月19日 

18時-20時    

 

 

 秋田でも展示します! 

女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日会場 

ギャラリー杉     

秋田市大町1-3-27     

水曜日定休  10:30-18:30

会場URLhttp://www.gallerysan.com

 

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。 

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。 ↓

 

https://akashiaya.jimdo.com/contact/

 

 

 

さて、筑摩書房から出版されている「美少年美術史」を池上英洋さん川口清香さん著を読んでいます。

 

前回はキューピッドの色々な呼び方について取り上げました。

 

キューピッドの名前 - リアル絵描き日記

 

 

前ブログでキューピッドについて書いたので重複する部分あるかもしれませんが、キューピッドがどうして赤ちゃんに翼が生えたようなイメージになっていったかおっていきたいと思います。

 

 

ギリシャ神話の創世神話として受け入れられているものに神統記というものがあります。

 

これは紀元前8世紀の叙事詩人ヘシオドスがかいたものです。

 

世界がどう生まれていったか説明している話ですが、最初に混沌の中からガイア(大地)とタルタロス(深淵、奈落)が生まれます。

 

タルタルソースみたいだ。

 

そして、そのあとにエロス(=キューピッド)が生まれます。

 

「さらに不死の神々のうちでも並びなく美しいエロスが生じもうした」

(ヘシオドス「神統記」庵川洋一訳)

 

 

そんな仰々しいイメージが無いキューピッドですが、めっちゃはやく生まれてるんです。

 

 

それはなぜかというと、創世記では最初に登場する男女神によって様々なものが生まれていきます。

(日本神話ではイザナギイザナミが世界を生んでつくっていく)

 

その男女が交わるためには「愛」がなければならない。

なのでエロスは国を作るところから登場するんですね。

 

キューピッドは元々は霊的な存在で肉体もなく、幼児でさえなかったようです。

↑のエロスの段階では性別もなく無性、あるいは両性具有的存在でした。

 

しかしヴィーナスが誕生してからはその従者的立場になります。

女神の息子というポジションになると男性としてのイメージが定着していきました。

 


f:id:akashiaya:20181016123702j:image

カラヴァッジョ風キューピッド。

描いたのはジョヴァンニ・バッティスタ・カラッチョーロ。

題名「眠るクピド」

 

本の中では明らかな同性愛的傾向のある作品とありますが、裸の男性がかれた作品はやはりそういうものとして分類されるのでしょうか。

 

男性同士のホモセクシュアルの作品はよく見るけど、女性同士のは少ない(有名ではないのか見たこと無い)なあ。

 

カラッチョーロは、カラヴァッジョの様式を追随したナポリ派の代表格です。

 

 


f:id:akashiaya:20181016124447j:image

作者はエドム・ブーシャルド。

題名は「ヘラクレス棍棒で弓を作るクピド」

 

どんな場面なのかな~と調べていたところルーヴルのホームページに記載されてました。

 

少年姿のクピドは、軍神マルスからは武器を、英雄ヘラクレスからは棍棒を盗んだ。この恐ろしい二神から武器を奪い得意気なクピドは、悪戯っぽく笑い、弾力性を試しながら棍棒で弓を作る。

 

《ヘラクレスの棍棒で弓を作るクピド》 | ルーヴル美術館 | パリより引用

作家が想像した場面ですね。

 

古代彫刻や絵からも着想しているそうです。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

マリア

今日も生きてます。

 


f:id:akashiaya:20181015095454j:image

キャンバスを組み立て&張りをしています。

 

絵の面にサインしないことがあるので、完成してないけど木枠に先にサインです。

 

 

 

さて、19日から展示があります!

 


f:id:akashiaya:20181015090627j:image

 

フェルメールトリビュート展

 

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 

11:00 – 19:00

 

 ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com 

レセプションパーティー10月19日 

18時-20時    

 

 

 秋田でも展示します! 

女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日会場 

ギャラリー杉     

秋田市大町1-3-27     

水曜日定休  10:30-18:30

会場URLhttp://www.gallerysan.com

 

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。 

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。 

 

 

 

 

さて、筑摩書房から出版されている「美少女美術史」池上英洋さん荒井咲紀さん著を読んでいます。

 

 

西洋で美少女の主題というと聖母マリアさまです。

 

母という割には幼い&若いマリアさまが描かれることが多いです。

 

でも昔は今では考えられない若さでみんな子供を産んでいたと思うので、そこの感覚はちょっと違いますね。

 

または美魔女(古いかな…)という説もある。

超元祖美魔女マリア。

 


f:id:akashiaya:20181015092028j:image

ラファエロ・サンツィ

「美しき女庭師」

 

若くてきれいなマリアが描かれるひとつのきっかけはラファエロです。

 


f:id:akashiaya:20181015092403j:image

ラファエロ・サンツィオ

「小椅子の聖母」

 

ラファエロルネサンス以降も300年に渡り西洋美術の規範てあり続けました。

そのためラファエロの少女のようなマリアのイメージが定着しました。

 


f:id:akashiaya:20181015092621j:image

ラファエロ・サンツィオ

システィーナの聖母

 

 

ラファエロの描くマリアさまは身近でかわいいてすね。

 

 

ちなみにミケランジェロピエタ


f:id:akashiaya:20181015092920j:image

 

制作したときにマリアさまが若すぎると批判されたそうです。

 

それに対してミケランジェロはなんて言ったかというと、真に純潔な女性は若さを保ち、なかでも聖母は神聖なる処女だからと答えたそうです。

 

純潔=処女性=若さ

 

という公式が適用されて若いマリアの表現に繋がったことがわかる弁明です。

 

 

普通の人間には適用されない公式ですね。

 

マリアさまの話は次回に続きます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

 

キューピッドの名前

今日も生きてます。

 

最近すっかり涼しくなってきて、秋だなと感じます。

 

スーパーの出口で売られている焼き芋に心惹かれる今日この頃です。

 

 

でもやっぱり焼き芋な落ち葉でつくりたいですね。

 

 

 

 

さて、筑摩書房から出版されている「美少年美術史」池上英洋さん川口清香さん著を読んでます。

 

クピド(キューピッド)と聞いてどのような姿をイメージしますでしょうか?

 

私は赤ちゃんの背中に白い羽がついていて、いたずらっ子のような性格、そして恋をさせる矢を持っているというイメージです。

 

 

そもそもクピドだったり、エロスだったり、名前がややこしい!

今日は呼び名を整理したいと思います。

 

私たちはキューピッドという呼び名が親しみありますが、これはローマ神話クピドの英語読みです。

 

ローマ神話    クピド

 

↑の英語読み   キューピッド

 

イタリア語で「愛」 アモール

 

ギリシャの神  エロス 

 

これ全部同じ人です。

ブログ内でも色々な名前を使ってますが、同じ人です。

 


f:id:akashiaya:20181014022500j:image

 

パルミジャニーノ

「弓を削るクピド」

 

↑の作品ではクピドが仕事道具である弓を削っている場面を描いています。

 

本の上で作業しているのが少し不自然に見えますが、これは人間の知性も愛の前には無力であるということを示しています。

 

足の間から見えるのは愛の対概念であるアンテロスと愛を終わらせる力を持つセロスが顔を覗かせています。

 

 

 

クピドについては続きます。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

フェルメールトリビュート展

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY

153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 11:00 – 19:00

 

ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com

 

レセプションパーティー

10月19日 18時-20時

 

 

 

 

 

秋田でも展示します!

 

女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日

会場 ギャラリー杉

     秋田市大町1-3-27

     水曜日定休  10:30-18:30

会場URL

http://www.gallerysan.com

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。

秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。

 

 

天使の性

今日も生きてます。

 

最近は金箔を取り入れようと研究中です。

大学中に少ししましたが、もう一度学び直しですわ。

 

 

金箔は使っていませんが展示があります!

フェルメールトリビュート展

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY

153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 11:00 – 19:00

 

ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com

 

レセプションパーティー

10月19日 18時-20時

 

 

 

 

 

秋田でも展示します!

 

女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日

会場 ギャラリー杉

     秋田市大町1-3-27

     水曜日定休  10:30-18:30

会場URL

http://www.gallerysan.com

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。

秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。

 

ホームページのcontactからどうぞ

 

 

 

 

今日は筑摩書房から出版されている「美少女美術史」池上英洋さん荒井咲紀さん著を読んでいます。

 

 


f:id:akashiaya:20181012213442j:image

フラ・アンジェリコ「受胎告知」

 

 

↑の作品は大天使ガブリエルがマリアにキリストを身ごもったことを知らせる聖書の一場面です。

 

天使のガブリエルは優しげで上品なたたずまいです。

 

しかし実際天使は霊的な存在で、肉体は必要ないはずです。

天使は旧約聖書から登場していますが、様々な議論を読んできて存在です。

 

 


f:id:akashiaya:20181012214136j:image

ウィリアム・アドルフ・ブグロー

「奏楽の天使」

 

天使には様々な種類があり、高位な天使は人間の姿とはかけ離れています。

 

低位の大天使であるガブリエルやラファエルは人類と接するメッセンジャー的な役割が多いせいか目に現れる姿で現れます。

 

聖書には天使についてこのような記述があります。

 

神の子らは、人の娘が美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。

 

ここには女と交わった天使たちが立つであろう。

 

 

これから霊的な存在の天使が、男性としての肉体か、両性具有的な特徴を持つものと考えられます。

 


f:id:akashiaya:20181012215305j:image

ロレンツォ・ロット「聖会話」

 


f:id:akashiaya:20181012215350j:image

 

ところがいざ絵画の中の天使を見てみると少年よりも少女の姿が多くなっていきます。

 

キリスト教成立以降に登場し、とりわけ受胎告知の主題以降に顕著になります。

 


f:id:akashiaya:20181012215601j:image

レオナルド・ダ・ヴィンチ

「女性の頭部のスケッチ」

このスケッチはレオナルドが、大天使ウリエルのために描いたもの。

モデルは普通の庶民の娘でした。

 


f:id:akashiaya:20181012215751j:image

レオナルド・ダ・ヴィンチ

「岩窟の聖母」

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

 

アドニス

今日も生きてます。

 

上野の森美術館で開催しているフェルメール展のチケットを取ろうと思ったら驚きました。

 

日時指定入場何ですね。

 

美術館で時間指定って初めてではないでしょうか。

 

秋田の美術館と違い、東京の美術館は外に行列ができたりするのでいいアイディアだと思います。

 

人がたくさんだと並んだ上に人が混みすぎて絵が見られないという事態もあります。

 

フェルメールは一点でも来日したら集客あるのに今回は9点も来ているのですごい人が集まるだろうな。

 

 

そして合わせてフェルメールトリビュート展があります。

 


f:id:akashiaya:20181011110551j:image

 

フェルメールトリビュート展

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY

153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 11:00 – 19:00

 

ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com

 

レセプションパーティー

10月19日 18時-20時

 

 

 

 

 

秋田でも展示します!

 

女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日

会場 ギャラリー杉

     秋田市大町1-3-27

     水曜日定休  10:30-18:30

会場URL

http://www.gallerysan.com

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。

秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。

 

ホームページのcontactからどうぞ

 

 

 

 

さて、今日は筑摩書房から出版されている「美少年美術史」池上英洋さん川口清香さん著を読んでます。

 

 

転生する美青年たちというブログを書きましたが、今日は続篇。

転生する美青年たち - リアル絵描き日記

 

今までの美青年はアポロンが関わっていましたが、今日はヴィーナスが関わります。

 

 


f:id:akashiaya:20181011114043j:image

ピーテル・パウルルーベンスによるヴィーナスとアドーニス

 

この絵の向かって左がアドニス

全裸の女性がヴィーナスです。

 

キプロス(東地中海上にある島の国)の王子であったアドニスはとても美しい少年でした。

 

そしてヴィーナスは美しいアドニスを愛していました。

 

しかし少年のアドニスはヴィーナスに想われていながらも、友人たちと狩に出掛けることの方が好きでした。

 

ある日胸騒ぎを感じたヴィーナスは狩にいくアドニスを必死で止めようとします。

 


f:id:akashiaya:20181011142124j:image

ティツィアーノ・ヴェチェッリオによるヴィーナスとアドーニス

 

 

しかし狩に出掛けたアドニスはその先で猪に襲われて亡くなってしまいました。

 

ヴィーナスはアドニスの死を悲しみ、深紅のアネモネとして転生しました。

 

 


f:id:akashiaya:20181011142322j:image

 


f:id:akashiaya:20181011142341j:image

 


f:id:akashiaya:20181011142350j:image

 

 

絵として描かれるシーンはヴィーナスがアドニスを引き止めようとしているところが多いのでしょうか。

 

 

そしてアドニスのもとにヴィーナスがバラの棘を踏んでしまい、それまで白色しかなかったバラの花を血で赤く染めたと言われています。

 

微妙に細かいエピソードがありますね。

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

ダフニスとクロエ

今日も生きてます。

 

 

 

 

筑摩書房から出版されている「美少女美術史」池上英洋さん荒井咲紀さん著を読んでいます。

 

古代ギリシアにも現代人も共感できるような甘酸っぱい恋心があったことがわかる物語があります。


f:id:akashiaya:20181010224800j:image

フランスの彫刻家ジャン=ピエール・コルトーの作品『ダフニスとクロエ』(ルーヴル美術館所蔵)

 

 

ダフニスとクロエーは、二世紀末ごろにロンゴスという人物によってかかれました。

 

 

ざっくりとしたあらすじ


エーゲ海のレスボス島で、捨て子のダフニス(男子)とクロエ(女子)がいました。

 

 

 

ダフニスは山羊に、クロエは羊に育てられていたところを、それぞれ別のヤギ飼い・羊飼いに発見され、引き取って育てられます。

 


やがて二人は、出会って恋に落ちます。

 

 

しかし彼らの周りに親や成熟した夫婦がいないため、相手を求める自分の感情をどう処理してよいか分かりません。

 

そして「これは病気なんだ」と思い込みます。

 


そこへ老人から恋のことを教わったり、人妻や男色家からちょっかいをだされたりすることを経て二人は性の目覚めを迎えます。

 

二人は高貴な身分のでであったこととわかり、ハッピーエンドです。

 


f:id:akashiaya:20181010225830j:image

 

フランスの画家ラファエル・コランの作品『ダフニスとクロエ』

 


f:id:akashiaya:20181010225926j:image

Daphnis & Chloe - Louise Marie-Jeanne Hersent-Mauduit

 

 

 

三島由紀夫潮騒はこれから着想を得てつくられたそうです。

 

 

読む方が恥ずかしくなりそうな恋愛物語ですね。

 


f:id:akashiaya:20181010230253j:image

 

 

絵では仲睦まじい二人が描かれています。

 

ピュアな二人が微笑ましいですね。

たくさんの作品が残されている理由がわかります。

 

 

今日はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

展示があります。


f:id:akashiaya:20181010230836j:image

 

フェルメールトリビュート展

会期2018年10月19日ー11月4日

会場 MDP GALLERY

153-0042 

東京都目黒区青葉台1丁目14番18号1階

日・月・祝祭日休廊 11:00 – 19:00

 

ギャラリーWebsite

http://mdpgallery.com

 

レセプションパーティー

10月19日 18時-20時

 

 

⚫女流作家展

会期2018年10月18日ー10月30日

会場 ギャラリー杉

     秋田市大町1-3-27

     水曜日定休  10:30-18:30

会場URL

http://www.gallerysan.com

フェルメールトリビュート展は19日のレセプションパーティーに参加する予定です。

 

秋田の女流作家展は10月27日にギャラリー杉に顔を出す予定です。

秋田には27.28といるので、明石の作品の話を聞きたいという方はぜひ連絡ください。

 

ホームページのcontactからどうぞ。

 

 

https://akashiaya.jimdo.com/contact/