リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

蜆子和尚(けんすおしょう)って誰?

今日も生きてます。

 

 

道教や仏教の人物を描いた絵を「道釈画」(どうしゃくが)といいます。

 

 

道は道教、釈は釈氏(釈迦や僧侶)を指します。

 

 

昨日まで見てきた寒山拾得なども道釈画です。

自由奔放な僧ー寒山拾得(かんざんじっとく)ー - リアル絵描き日記

 

 

今日は道釈画のテーマの一人としてよく描かれる「蜆子和尚」(けんすおしょう)を紹介します。

 

 

 

 

 


f:id:akashiaya:20190819200218j:image

可翁「蜆子和尚図」

 

 

蜆子和尚って誰?

 

蜆子和尚は唐末の禅僧です。

曹洞宗の祖の弟子とされています。

 

 

年中1枚の粗末な袈裟を着て、住むところも決めず、川でエビやハマグリを採って過ごしていました。

 

絵の中には網を持った蜆子和尚が海老をうれしそう~にみてますね。(無邪気!)

 

 

蜆を採る様から、「蜆(=シジミ)子和尚」とよばれるようになりました。

 

 

夜になると、廟(びょう:祖先と神を祀る建物)のお供え物である紙銭(お金を紙で模したもの)に潜り込んで寝ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜆子和尚の逸話

 

今の世の中って何かを成し遂げた人が尊敬されますよね。

 

 

道釈画に描かれる人って実質乞食同然?ですよね…?

 

 

悟ってると言ってもそれは他の人からはわからないわけだし、なぜ描かれるのでしょうか?

 

その答えになるかはわかりませんが、こんな逸話があります。

 

 

 

 

あるとき蜆子和尚の噂を聞いた名僧が、真相を確かめようと、蜆子和尚が眠る廟の紙銭の中に本人より先に潜り込んでいました。

 

 

夜になり、蜆子和尚が帰ってきます。

紙銭の中に入り込む蜆子和尚の手を、名僧は掴み問いかけます。

 

 

名僧

「達磨禅師が西方から、禅を伝えに中国まで来たのは何のためだったのかな?」

(=禅の本質はなんじゃ?)

 

蜆子和尚

「ほれ、そこの神棚の前に、酒壺とお皿があるじゃろう」

(=あるがままにあることじゃ)

 

名僧は蜆子和尚の手を放して言います。

 

名僧

「わしと同じところから生えてきたやつ(同じレベルの悟りの境地にある禅者)じゃわい」

 

 

蜆子和尚は名僧を押しのけて、紙銭の中にもぐりこんでしまい、あっという間にいびきをかきはじめたそうです。

 

 

蜆子和尚はただなにもせずぶらぶらしているだけだと思う人もいると思いますが、大きく見ると、人間の真実は食べるものを食べて、後は死ぬまでの間、ぶらぶらして過ごしているだけではないのか?

という見方もできます。

 

 

 

 

んー深いかなあ

悟りも大事だけど、社会と繋がるのも大事なことだと思うんだけどなあ。

それも煩悩なのかなあ…

 

んんんんんん

 

私は煩悩にまみれてるなあ

 

 

皆さんどう思われますか?

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

虎と眠る僧?ー四睡図ー

今日も生きてます。

 

万引き家族を見ました。

(アマゾンプライム!)

 

序盤で家族の幸せな日常が描かれ、物語が進むにつれて誰一人血縁関係が無かったことがわかっていきます。

 

娯楽の映画ではなく、問題意識を浮き上がらせる映像作品という感じで面白かったです。

 

個人的には物語のキーポイントになる柴田祥太がかわいいなあと思ってみていました。

イケメンになる顔の造形は子供の頃から違うなあ。

 

 

 

ちなみに同じ是枝監督の「誰も知らない」もみたことがあります。

 

子供たちだけの生活が映像の大部分を占めますが、物語後半にだんだん貧しくなり苦しくなっていく様子が直視できませんでした。

 

こ、こころが痛い。

 

 

 

映画の中の夏の描写を見るのが好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで今日も「マンガでわかる日本絵画のテーマ」(誠光堂新光社 監修矢島 新)を読んでます。

 

昨日は、寒山拾得図についてでした。

自由奔放な僧ー寒山拾得(かんざんじっとく)ー - リアル絵描き日記

 

 

 

今日は昨日の続き。

 

寒山(かんざん)と拾得(じっとく)、そして師匠の豊干(ぶかん)を描く画題が他にもあります。

 


f:id:akashiaya:20190818105202j:image

 

↑は長沢芦雪「四睡図」です。

 

何やら虎も老人も二人の人間もぐっすり眠っている様子です。

 

老人が豊干

 

二人の人間は寒山と拾得

 

 

伝説では、豊干は寺で虎を自在に扱い、民衆を驚かせていました。

 

そして周りがわからない寒山と拾得の奇妙なやり取りも豊干にだけはわかっていたそうです。

 


f:id:akashiaya:20190818185005j:image

伝・石恪筆『二祖調心図』(重要文化財東京国立博物館所蔵)のうち一幅。

 

 

 

 

虎と豊干、寒山と拾得が眠る様子を描いたものを「四睡図」(しすいず)といいます。

 

 

 

その後四睡図はパロディされるようになります。

 

 


f:id:akashiaya:20190818105234j:image

 

↑は奥村政信の浮世絵、「風流四睡図」

 

虎は猫

 

豊干は花魁

 

寒山と拾得は二人の禿

 

として描かれています。

 

 


f:id:akashiaya:20190818185857j:image

川又常正「四睡図」

 

 

パロディがしやすい画題ですね。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

 

 

自由奔放な僧ー寒山拾得(かんざんじっとく)ー

今日も生きてます。

 


f:id:akashiaya:20190817070051j:image

 


f:id:akashiaya:20190817070059j:image

 

あやしい…

 

あやしい微笑みを浮かべている人間がこちらを見ている絵です。

 

↑の作品は顔輝の『寒山拾得図』(かんざんじっとくず)です。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが寒山


f:id:akashiaya:20190817070425j:image

 

 

こちらが拾得


f:id:akashiaya:20190817070523j:image

 

 

ひひひひひって引き笑いしてそうな顔ですね。

 

 

 

 

この二人、実は有名人。

 

この二人を描いた絵がたくさん残されています。

 

 

 

 


f:id:akashiaya:20190817132723j:image

狩野山雪

寒山拾得図(真正極楽寺

 


f:id:akashiaya:20190817133020j:image

霊彩

寒山図」大東急記念文庫蔵 

 


f:id:akashiaya:20190817152150j:image

周文

寒山拾得東京国立博物館

 

 

 

 

 

この二人はなぜ描かれたのか、そもそもこの二人は誰なのか、ということについて見ていきます。

 

 

 

 

誰なのか?

 

二人とも唐の時代に天台山国清寺にいた僧です。

 

 

寒山(かんざん)

寒巌幽窟に住んでいたため寒山と呼ばれ、樺の皮をかぶって大きな木靴をはいていました。

 

・拾得(じっとく)

天台山国清寺の豊干(ぶかん)に拾われたので、拾得と呼ばれるようになります。

 

 

 

二人は7世代にわたる仇敵同士の家に生まれましたが、豊干(ぶかん)がふたりを悟りに導きました。

 

 

豊干は国清寺の禅僧です。

虎に乗って道歌を口ずさみながら門を入ってきたという逸話があります。


f:id:akashiaya:20190817162125j:image

 

上野若元筆『豊干寒山拾得図』

中央が豊干、向かって左が寒山、右が拾得

 

 

 

それから二人は国清寺の食事係となります。

 

 

寺のなかで奇声・叫声・罵声をあげ、放歌高吟して廊下を悠々と歩きました。

 

 

困惑した寺僧が追いかけると手を打ち鳴らし、大笑しておもむろに立ち去ったそうです。

 

 

 

 

 

なぜ絵に描かれるようになったの?

 

二人とも詩作をよくしました。

 

とくに寒山は多数の詩を残しています。木や岩、壁に落書きをするように詩を書いていたようです。

 

寒山詩」としてまとめられていますが、その序文に寒山の風体や国清寺にいたことなどが書かれています。

 

 

 

寒山文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の再来と呼ばれました。

 

豊干禅師を釈迦如来に見立て「三聖」あるいは「三隠」とも言われました。

 

 

 

 

 

 

 

絵に描かれる寒山拾得

 

この二人を描いた描いたものを「寒山拾得図」といいます。

 

箒を持つ方が拾得

 

巻物を持つ方が寒山

 

として表現されます。

 


f:id:akashiaya:20190817164132j:image

雪村「寒山拾得図」

 

 

 

 

 

 ちなみに森鴎外が『寒山拾得』のことを書いた小説を残しています。

 

小説「寒山拾得」のあとがき的な文「縁起」も合わせて読むとなるほどとなりました。

 

青空文庫で読めるので(しかも短い)おすすめです。

 

 

寒山の詩はまだ見てないので、まだ風狂の僧であったことしかわかりません。どんなに素晴らしい詩を残してるんだろう…

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

布袋様は実在した人間だったの?

今日も生きてます。

 

雨が降ったり降らなかったり…

 

天気がコロコロ変わりますね。

 

 

私は変わらず骸骨を描く日々です。

冷房で目が乾く。

 

 

今日は終戦の日

ご先祖さまが守ってくれた命を大切にしていきたいです。

 

 

 

 

ということで今日も「マンガでわかる日本絵画のテーマ」(誠光堂新光社 監修矢島 新)を読んでます。

 

 

 


f:id:akashiaya:20190815225311j:image

月岡芳年の「月百姿」のうち「悟道の月」

 

七福神の1人である布袋さま。

 

神様とされる布袋様ですが、七人のうち唯一人間なのです。

 

 

モデルとなった人は8世紀の唐末期の禅僧です。

 

 

名前は契此(かいし)

 

 

絵に描かれているように、常に袋を背負っていたことから布袋と呼ばれるようになりました。

 

 

 

⚫袋には何をいれていたのか?

 

各地を旅にしていた布袋和尚は、身の回りのものすべてを袋に入れていました。そして生臭ものであっても構わず施しを受け、その幾らかを袋に入れていたというそうです。

 

 

⚫なぜ神様になったの?

 

布袋和尚は占いを的中させるなど、予知能力があったとされました。その他にも不思議な逸話がたくさんあり、死後には弥勒菩薩の化身として信仰を集めました。

 

日本では鎌倉時代に禅画の題材になり、それ以降数多く描かれました。


f:id:akashiaya:20190815232505j:image

歌川国芳 (1798-1861)『布袋図』水墨画

 


布袋様を描いた絵を「布袋図」と呼ばれますが、布袋様が左手の人差し指をまっすぐ頭上に指し示しているものもあります。

 


f:id:akashiaya:20190815233029j:image

風外慧薫「布袋図」

 

禅宗で月は「悟り」を示すそうです。

 

それを指差すポーズは悟りを目指せという意味ともとることができます。

 

そのようなポーズの布袋図を「指月布袋」(しげつほてい)とも言います。

 

 

 

 

布袋を調べると布袋寅泰が一番にでてくる。

本名なんだ…っっ!

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

釈迦釈迦ポテト

今日も生きてます。

 

 

 

釈迦と聞くとシャカシャカポテトを連想してしまいます。

(またはマラカスの効果音)

 

釈迦釈迦ポテトだったら、食べると悟りに近づけそう。

 

 

(不敬ですみません。)

 

 

 

最近マックで食事しないからわからないけどまだあるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで今日も「マンガでわかる日本絵画のテーマ」(誠光堂新光社 監修矢島 新)を読んでます。

 

 

 

釈迦をイメージするときに脳裏に浮かび上がるのは、目は窪み、体は骨が浮き上がるほど痩せこけて座禅し苦行をする像です。

 

教科書で目にしたものが印象的でした。

 

釈迦がどんな修行をしていたかというと…

 

 

 

 

呼吸をしばらく止める修行

 

太陽の直射日光を浴びる修行

 

座ろうとすれば後ろへ倒れ立とうとすれば前に倒れたり片足立ちをするなどの激しい肉体運動

 

食事をわずかにして食欲を抑制する断食修行

 

 

 

 

なんかあれですね。

死にたいの?というラインナップです。

 

 

こんな苦しい修行を6年も続けた釈迦はこれ以上やっても無駄だと気がつき、山から降ります。

 

 

この山から降りる釈迦の姿を絵にしたものを「出山釈迦図」(しゅっさんしゃかず)といいます。

 

 

出産ではありませんよ。

出山です。

 

 


f:id:akashiaya:20190814201525j:image

↑は白隠が描いた「出山釈迦図」です。

 

白隠は自身の修行体験と重ねるように釈迦を描いています。

 

というか肩まで毛がすごい

 

しかし目は澄んでいる。

 

 


f:id:akashiaya:20190814201955j:image

↑は雪舟が描いた出山釈迦図。

 

 

苦行の末…

 

超疲れた。

 

という感じがとても出てますね。

(髪も髭もボサボサだー)

個人的には纏った衣の筆運びがかっこいいです。

 

 

 

 

この画題は禅宗が盛んになった室町時代以降に禅僧に好まれました。

 

苦行する修行僧たちの心の拠り所になったのかもしれません。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

ダルマはなぜ手足がないの?

今日も生きてます。

 

「へんたい美術館」(ダイヤモンド社 山田五郎、こやま淳子著)が面白いです。

 

とてもわかりやすい…

 

レオナルド・ダ・ヴィンチが天才天才と持ち上げるテレビ番組って多いですけど、レオナルドの手記に残っている発明品のほとんどがアイデア倒れで実現不可能であることや、注文を受けた作品を完成させないままやめてしまったこと(前金はもらっている。)など、普通の美術本では語られないレオナルドの部分が本の中で触れられていて、巨匠がどんな人間であったか知れて面白いです。

 

いろいろと初耳でした。

 

 

 

 

ということで今日も「マンガでわかる日本絵画のテーマ」(誠光堂新光社 監修矢島 新)を読んでます。

 

 

今日はだるまについてです。

 

ダルマというとこのような目をいれる人形のイメージですね。


f:id:akashiaya:20190813192940j:image

 

私の家のダルマはだらだらしてます。

 


f:id:akashiaya:20190813193106j:image

 

 

絵にもダルマを描いたものが残されています。

 

そもそもダルマとは誰で、ナニをした人なのか?については知らないことが多いです。

 

なので今日はダルマさんがナニモノなのかについて見ていきたいと思います。

 

 


f:id:akashiaya:20190813193121j:image

まず、ダルマさんは伝説の仏教僧です。

 

 

本名は菩提達磨(ぼだいだるま)

 

 

 

 

ダルマさんの伝説は

 

『洛陽伽藍記』(らくよう がらんき)

5世紀頃、東魏(今の中国のある地域)の国で都のひとつである洛陽の仏寺の繁栄を記したもの。

 

『続高僧伝 』(ぞく こうそうでん)

梁の国(今の中国 のある地域)で『高僧伝』に続けて書かれた中国の高僧の伝記集。

 

など書物に記されています。

 

 

 

 

ダルマさんは西域南天竺国(南インド)の第三王子として生まれます。

 

そして、5世紀後半から6世紀前半に中国で活躍した仏教の僧侶です。

 

ダルマさんは中華五祖、中国禅の初祖とされています。

 

 

 

王子として生まれたダルマさんが出家を決意したのはお父さんの死でした。

 

もともと素質はあったのですが、苦しんでなくなったお父さんをみて死んだらどうなるかを七日間瞑想し、それでもわからなくて師匠に弟子入りし、修行の日々が始まります。

 

 

40年間の厳しい修行のあと、師匠が亡くなるときに、インドと中国に仏教を布教をするように言われます。

 

それからだるまさんの布教の旅が始まるのです。

 

 

 

インドをくまなく布教したダルマさんは次に中国へ向かいます。

その頃すでに100歳を超えていたとか…すごい。

 

 

 

 

⚫だるまさんの逸話⚫

ダルマさんは仏教を厚く信仰しているという梁の武帝に会い、歓迎した武帝は達磨に質問をします。

 

一問一答ですが、要約すると…

 

武帝

「私はお寺を建造したり、写経をしたり、仏教を厚く信仰してる方だと思うんだけれど、どんな功徳があるのかな?」

 

ダルマ

「ありません。煩悩のもとをつくっているだけです。」

 

武帝

(ガーン)


f:id:akashiaya:20190813193748j:image


 

話が噛み合わないまま、ダルマさんは武帝のもとを去りました。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:akashiaya:20190813193808j:image

↑の絵は雪舟が描いた「慧可断臂図」(えかだんぴず)です。

 

背中を向けている人がだるまさんです。

手前側の人は弟子の慧可(えか)という人です。

 

 

 

 

 

 

よくみると手首持ってるんですけどーーっっ!?


f:id:akashiaya:20190813194111j:image

と驚きますがなんと自分の手首を切り落としたものをもっています。

 

だるまさんのところへ弟子入りすることを一度は断られた慧可が、決意を示すために自らの手首を切り落として再度申し込みをする場面です。

 

クレイジーですね。

 

 

 

 

 

そしてダルマはなぜ手足がないか?問題ですが、ダルマさんは9年間という長い間、少林寺の壁に向かって座禅を組みます。

 

その間に手足が腐ってしまったという言い伝えから丸いダルマが生まれました。

 

こわいですね。

 

 


f:id:akashiaya:20190813194216j:image

↑は白隠が描いた「半身達磨」

 

臨済宗の僧であった白隠は修行と布教の一環として達磨を数多く描きました。

 

 

 

 

達磨を描いた画題としては

 

「面壁達磨図」

だるまさんが少林寺の壁に向かって座禅をしている図

 

「初祖問答図」

武帝とだるまさんの問答をしているときの図

 

「盧葉達磨図」

だるまさんが少林寺へ向かう途中、河を蘆の葉で渡ったとされるときの図

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:akashiaya:20190813194624j:image

 

↑は鈴木春信の「船中髭を抜く朱達磨と船を漕ぐ美人」です。


江戸時代には達磨を愛人、達磨屋を売春宿といった隠語として使っていたそうな。

 

パロディですな。

 

 

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website

 

 

参考・画像引用

達磨 - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二河白道図

今日も生きてます。

 

美術系の本ってたまに釣りのようなタイトルありますよね。

 

まんまとつられました。


f:id:akashiaya:20190811085934j:image

 

お笑い芸人のおぎやはぎさんと、山田五郎さんが出演されている「ぶらぶら美術・博物館」という番組を見ていて、山田五郎さんの解説が素晴らしいなあといつもわかりやすくて素晴らしいなあと思っていて(台本かもしれませんが)、気になる存在です。

 

この本は対談形式で山田五郎さんが絵の話を面白く分かりやすく解説してます。

(本当に本人かはわからないが。)

 

読むの楽しみ~

 

 

 

 

 

 

ということで今日も「マンガでわかる日本絵画のテーマ」(誠光堂新光社 監修矢島 新)を読んでます。

 


f:id:akashiaya:20190810172713j:image

二河白道図」(摸本)

 

 

上の絵は仏教の画題のひとつを描いた絵です。

 

 

どんな場面かわかりますでしょうか?

 

 

 

これは二河白道の譬え」を絵にしたものです。

 

 


二河白道の譬え」とは、中国の僧である善導大師が書いた本の中に出てくる例え話です。

 

 

絵を三つに別けてみてみます。

 


f:id:akashiaya:20190810212655j:image


f:id:akashiaya:20190810212707j:image


f:id:akashiaya:20190810212716j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番上に描かれているのは阿弥陀仏観音菩薩勢至菩薩です。


f:id:akashiaya:20190810212852j:image

 

 



真ん中の段には

画面を縦に真っ直ぐの細く白い線が引かれています。


f:id:akashiaya:20190810213239j:image

 

向かって左側には火の河が燃え盛っている様子、

 

右側には水の河が逆巻きに描かれています。

 

 

 


f:id:akashiaya:20190810213453j:image

 

 下段にはこちらの岸に立つ人物とそれを追いかける盗賊、獣の群れが描かれています。

 

 

 

 

 

西を目指して歩く人の前に火の河と水の河がありますよ。

 

後ろから盗賊や獣が迫っています。

 

目の前には河に挟まれた細い道。

 

そして背後からは

「行きなさい」

 

西からは(橋の先から)

「来なさい」

 

という声が聴こえます。

 

そして念仏を唱えて細い道を渡ります。

 

 

善導大師が書いた「観無量寿経」の注釈書の中に例えばなしとして記されています。

 

河は、怒り・貪欲な心を表し、

 

細い道は極楽浄土を願う心の象徴

 

聴こえてきた声は釈迦と阿弥陀如来のものです。

 

渡った先(画面上部)には極楽浄土があります。


f:id:akashiaya:20190811091449j:image

 

 

 

下側に描かれているのは現世です。


f:id:akashiaya:20190811091527j:image

 

 

 

 

 

不思議な構図ですが、何が描かれているのかわかると必然性がみえてきます。

 

 

頼りなく危険な道の先に出口がある…というのがなんとなく蜘蛛の糸を彷彿としました。

 

 

 

 

個人的には構図よりも画中にあるこの木がきになります。

 


f:id:akashiaya:20190811092101j:image

 

今日はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

明石 恵 Aya Akashi website - 明石 恵 Aya Akashi website