リアル絵描き日記

画家明石恵のブログです。

油絵

今日も生きてます。 晴れてますね。 今日は人生で何度目か(10回はしてないと思う)の引っ越しの日です。 部屋を片付けると自分はよくこんな狭い部屋で5年間も生きてこられたな。と思いました。私がもっと小さくなればいいんだな。(半分ぐらいに。) モザイク…

テンペラ

今日も生きています。 部屋の整理をしていると意外にものをたくさん持っていることに驚きます。 使ってる?のモノは箱に入れて一年開けなかったらそのまま捨ててしまおうと心に決めました。 まだ実行はしていません。 さて、西洋美術史入門(池上英洋さん著)…

フレスコ画

今日も生きてます。 断捨離をしようと思った明石です。 意外に荷物たくさんあるんだなあ。 西洋美術史入門(池上英洋さん著)を読んでましたが、続編の実践編があると知り購入しました。 少し覗きましたが面白そうだ。楽しみ楽しみ。 絵とは関係ありませんがレ…

自画像展オープニングパーティ

今日も生きています。 先日は自画像展のオープニングでした。 出品作家さんが顔合わせしました~ はじめましての方がほとんどでしたが、どの絵の自画像がどの作家さんかなと話しながら交流しました。 青い扉のギャラリーです。 ギャラリーの前には案内が置か…

モザイク

今日も生きてます。 さて、今日は自画像展のオープニングパーティがあります。 ギャラリーARK 15時からです。 私も参加する予定です。楽しみです。 会場は横浜です! 最近オルゴールに興味を持っているので横浜のオルゴールのお店に行けたら行きたいなと目論…

パトロンの変遷②

今日も生きてます。 横浜の画廊「ARK」さんで自画像展開催中です。 ギャラリーアーク 山本冬彦推薦作家による 2018自画像展 【会場】Gallry ARK 【会期】4月12日ー4月21日 日曜休廊 【時間】午前11時ー午後6時 最終日は午後5時閉場 オープニングパーティ…

パトロンの変遷

今日も生きてます。 最近絵具を少しグレードアップしてリキテックスのプライムという絵具を使っています。やはりより安い絵の具よりも透明感が違う。そして絵具が乾く前と後とあまり色に違いがないので描きやすいです。 結局燃える思いを持っていても技術的…

貧しい人が描かれた理由

今日も生きています。 なんかの画集みていて疑問に思っていたことがあります。 今日はそれが解決したという話です。 まず絵はこちらです。 貧しい子供や知的障害を持つ子供を主題に描かれています。 こういう作品は一体何の目的があって描かれたのか不思議に…

落穂ひろいって何ですか

今日も生きてます。 池上英洋さん著の西洋美術史入門を読んでいます。 この中にミレーの作品を取り上げたものがありました。 ミレーの作品は有名なんでしょうか?高校から美術系なので普通の感覚がわかりませんが、有名ですよね。ちなみにミレーはこの人。お…

ネイルの筆

実は生きてます。 あっという間に9日ですか…。 時間が怖いです。そしてなんとか自画像展の発送を終えました。 いつも通りぎりぎりです笑 山本冬彦推薦作家による 2018自画像展 【会場】Gallry ARK 【会期】4月12日ー4月21日 日曜休廊 【時間】午前11時ー…

カナレット

今日も生きています。 さて下の作品はヴィネツィアの風景を描いた作品です。 描いたのは通称カナレット 本名はジョヴァンニ・アントーニオ・カナール(1697-1768) 父親も画家でベルナルド・カナールという名前だったので区別のために「カナレット」と呼ばれ…

ウィリアム・ホガース

今日も生きています。 「西洋美術史入門」池上英洋著を読んでいます。 この本の中にウィリアム・ホガースという画家の作品が紹介されています。 ウィリアム・ホガース(1697-1764) 1697年ロンドンに貧しい教師の息子として生まれた。銀細工師の弟子、版画…

カトリックの美術戦略

今日も生きています。 西洋美術史入門を読んでいるので西洋の絵ばかり採り上げてますが、キリスト教の絵がほとんどですね。 ですがキリスト教は聖書で偶像崇拝を禁止しているのでは…?と疑問になりますよね。 以前何かにも書きましたが、識字率が低い時代は…

トビアスの冒険②

今日も生きています。 乾燥は女子の大敵であることを認識しました。パックだパック。 さて、昨日は旧約聖書外典にあるトビト書のあらすじを書きました。 ざっくりいうと父親が貸したお金を息子が取りに行き、その案内を天使がしてくれるという内容です。 ち…

トビアスの冒険

今日も生きてます。 春が来た気持ちでいっぱいでございます。 今日は下の作品です。 道を天使と少年が歩いています。 旧約聖書の外典にある「トビト書」に書かれている話をモチーフにしています。 このような絵がルネサンス時代にフィレンツェやシエナ(当時…

家族の肖像

今日も生きています。 桜が咲いてますね。 いつのまにか春です。驚きです。 今日は展示のお知らせです。 大坂の阪神でおこなわれる「家族の肖像展」に出品します。 画像ががびがびしてるかな? DMが完成するといよいよという気持ちになりますね。 私は全日終…

聖セバスティアヌス④

今日も生きてます。 聖セバスティアヌス最終回です。 そもそもなぜ殉教されるような場面で痛そうな表情をせずにうっとりとした表情をしているのでしょうか。 キリスト教徒にとっては殉教するということは天国に行くということです。なので苦痛に歪む表情より…

聖セバスティアヌス③

今日も生きています。 寒いですね。心を燃やすしかない。 ところで雪化粧した家々って粉砂糖がかかっているようで美味しそうですね。 さて、聖セバスティアヌスの絵について池上英洋さん著書西洋美術史入門より見てきました。今調べたら西洋美術史入門・実践…

聖セバスティアヌス②

今日も生きています。 池上英洋さん著「西洋美術史」を読んでいます。(教科書) 勉強になります。 聖イレーヌに介抱される聖セバスティアン,ジョルジュ・ド・ラ・トゥール画。1645年頃 昨日は聖セバスティアヌスの殉教の場面について書きました。 他にも殉教…

聖セバスティアヌス①

今日も生きています。 今日は聖セバスティアヌス…またはセバスチャンの絵についてです。 聖セバスティアヌス、マルコ・パルメッツァーノ画 美術作品をよく見るという方は見慣れているかもしれませんが、美術に関心のない人がこんな人間の裸が描かれた作品み…

アトリビュート

今日も生きています。 目が覚めたら13時45分でもう遅刻する…これは夢だ!これは夢だ!(頭ガンガン)という夢をみました。夢でよかった。(寝坊はあまりしないタイプだと思います。) 池上英洋さん著の西洋美術史入門(兼大学の頃の教科書)を読んでいます。 昨日…

ヴァニタス

今日も生きています。 確定申告を乗り越えました。生きてます。やっと息ができるような心持ちです。 さて、だいぶ間が空いてしまいましたが、池上英洋さんの西洋美術史入門(大学時代の教科書)を読んでます。 先日は正義の擬人像をみました。持っているものや…

正義の擬人像

今日も生きています。 寒いですね。 気温が低い日は心を熱くして乗りきろうと思い宇宙戦艦ヤマトとワンピースの歌を朝から聴いていました。 アニメソングって熱い歌が多くていいですよね。たまに聴いて自分を励まします。 ですが本編はみてないので好きなキ…

美術史の意義

今日も生きています。 阪神に向けて準備を着々進めています。大丈夫か自分。 池上英洋さんの著書兼大学の頃の教科書西洋美術史入門を読んでいます。 本の中でなぜ美術史を学ぶ必要があるのかについて書かれている項目があります。 まとめると… 多くの人が読…

西洋美術史入門

今日も生きています。 大学生の頃、講義室で受けるような座学の授業を通しで起きていられた試しがありませんでした。 他の授業の課題の制作と百貨店などの展覧会の準備と制作に追われ、覚醒しているうちはいつも何かしていたので、薄暗い講義室でスライドを…

魔法使いの紅茶

今日も生きてます。 紅茶を飲んでいます。(湯飲みで) 実家で母がいれてくれたゴボウ茶とローズヒップティーを飲んでから紅茶の種類の豊富さに面白さに気づきました。 外国のパッケージは可愛いイラストが多い気がします。 バナナキャラメルってどんな味だ&絵…

私の両親は花

私が家族として最初に思い浮かぶのは母です。私の母は花道を習っていたようで、家の玄関や仏間、キッチンにはいつも季節の花が美しく生けられていました。 母はその時代の女性としては背が高く(結婚する前はそれが悩みだったそうです。)私は母のすらっとした…

家族の肖像

今日も生きています。 来月から阪神で家族の肖像展に出品します。 家族の肖像ってなにかあるのかなあ? と調べていたら家族の肖像という映画があるそうです、 この展示とは関係のないようでした。 ですがあらすじをみてみると主人公の教授が絵画の収集と研究…

ロセッティの作風の変遷

今日も生きています。 今日はロセッティの作風の変遷です。 前のブログと何枚か記事がかぶるかもですが、ご容赦ください。 ロセッティというと美人画というとイメージしかありませんが、それは人生の後期で最初は聖書や薔薇物語、アーサー王、ダンテなどを題…

ロセッティ

生きてます。 締め切り前できりきり舞いでした。計画性が足りないです…。反省。 もっと早く絵が描けるようになりたいなあ。 もっと上手になりたいし、たくさん描きたいです。 そしていつのまにかもう二月も終わりそうです。 このままですと2018年はまばたき…